流通を飛ばしたい!そんなとき、こんなことが、よくあります。

 

・メーカーの直接取引が増えると、流通の取引領域とバッティングする。

・自分の顧客の顧客を開拓することで、自分の顧客を食うことになる。

 

マーケティング用語で、カニバリゼ―ションとか評されますが、食い合いがおこり、「俺の仕事を奪う気か!」と言われたりするというところです。食い合うほどの「肉(利益)」が、そもそもどこにあるか、どうつくるかを考えるべきなのですが・・・。

 

 

さて、流通から直販へという支援をするとき、いつも思いますが、
・価格が不透明なままで、
・努力なき意味不明な領域争い
をよくみてきましたが、それでは市場の活性化はありません。

 

 

いまだに木材の世界でも、日本酒の世界でも、古い体質が残るところはメーカーが販売をしてはならない。流通を通すことという商慣習(ルール)は様々にありますが、背に腹を変えられないという理由でメーカーが直接取引をするのではなく、あくまでも

 

そもそも、既存の流通が、

・価格の不透明さ
・サービス展開の努力のなさ

があるゆえに、変革せざるをえないとすれば、それは、必然の動きであるわけです。

 

 

ただし、いつも思いますが、ただ、流通を飛ばせばいいというのは間違いです。

与信管理は?
ストック機能は?
在庫調整は?
運送に関することは?

等など絶対に必要な仕事があります。それは、どこかでやらねばなりません。

 

 

意味のない、市場に撤退すべく、努力をしない流通を飛ばすべきですが、
かといって、流通を飛ばしたことにより、

直接取引が増えました
コストが下がりました

ということを短絡的に喜ぶのではいけません。

 

 

 

改めて、

1.仕入れ(原価)+調整費用
⇒ここの金額の「納得性」と「明朗性」

 

2.流通事業者として
与信、ストック、物流のサービスの充実化

 

3.顧客と共に「仕入れ」と「見込み顧客」づくりを
サポート&同行する。

 

 

ということをしているかどうかで評価するべきです。それを全くしていない人は、メーカーだろうが、流通店だろうが、マーケットから撤退していただきたい。ある流通店の販売先に、とあるメーカーが直接販売し、今までの取引先を脅かされることがありました。

 

それに対して、結果的に、流通店の強みを改めて見出し、サービス強化をすることができた、という経験がありましたしあえてメーカー側が直販のカードを持つことで、流通店と協業営業の新しい方法が展開されたという経験もあります。やはり、適切な競争が起こることで各種サービスがよくなっていくんですね。

 

流通がどうあるべきか、業界がどうあるべき、とかでなく市場についてサボっているところは撤退すべきということは、業種業界を問わないかと思います。

 

 

林業などは、弱きものを助けるという補助事業があることで、本来は撤退すべくプレーヤー(事業体)まで市場に残ることができる。これが大きな問題です。もう一度、横綱に立ち向かう力士のように、戦う素地を作っていきたいと思っています。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2015.07.23より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 6月 22, 2018 Under ちいきのコラム, 未分類

 

銀座の一等地に銀座NAGANOという長野県のアンテナショップ(情報拠点&発信地)があります。

 

この日は、そこで、ソマミチプロジェクトが、信州落葉松、赤松被害木等の地域材の利活用をPR。

 

林業、製材加工、そして設計工務店(地元&湘南)によるトークショーが開催されました。

 

加工側によるスペック(機能)と
林業側によるストーリー(物語)と
設計側によるデザイン(意匠)について、語られる場でありました。
 
国産材、間伐材という言葉が市民権を得てきた昨今、
そもそも
何故、木材がいいのか
何故、国産材がいいのか
何故、信州材がいいのか
 
というところから、
 
敢えて、銀座NAGANOという場所で、
私は、信州の魅力(独自性)を伝えるために、
吉野林業を始めとした、他地域の話についてもご紹介させて頂きました。

 

 

その数日後は、奈良県川上村へ。
某工務店の見込み顧客に向けた200年吉野杉伐採ツアーにおいて、
製品や性能の魅力だけではなく、その地域の「魅力」について
体感体験して頂きました。
 
では、なんで吉野なの?密植多間伐長伐期といってもそれは技術側の自己満足?

では、なんで信州なの?新たなチームを組んでプレゼンといっても、それは自己満足?

 

 

 

もちろん、製造業としてのQCD(品質・価格・納期)の明瞭化は必須です。
そして、そこに一つの圧倒的答えに「デザイン」 の存在が欠かせないことでしょう。

 

 

デザインとは、見えるデザイン(意匠設計)、
見えないデザイン(理念設計)などありますが、

まずは、安全性、快適性、審美性、個性というところで、どの部分で尖っていけるか。

では、国産材は?地域材は?というと、上記4つを地域を表現しながら、
その地域を代表するデザイン的象徴が必要です。

例えば、秋田杉(天然)は、もともと某木材流通店が作ったのですが、

 

1.加工開発
2.有名な秋田の料亭で使った
3.天井板の美的空間が伝わった

以後、あぁ、あれが秋田杉だと認知される地域ブランドを作った。

吉野杉だって、樽丸林業(酒樽の材料)から始まり、
鴨居長押等の杉柾赤身の世界でブラントを作った。

 

 

天竜杉だって、江戸時代はこけら板から始まり、
成田御殿といわれたとき、あの補償問題の土地で新居ができ、桁丸太が使われたとき、
時代に応じて天竜材ブランドが浸透されていったのです。

 

あぁ、あの「製品」が使われた「空間」と呼ばれる、地域ならではの圧倒的デザインとは何か。もう一度「地域デザイン」というものを再定義しつつ、ストーリーと空間とそこに見られる山林資源の持続性。

 

素材業だけからの拡張こそ重要で、林業は地域づくりなのです。

 

改めて、もっともっとデザインを知るべきだと大いに思う一日でもあり、
その接点を増やすべく仕事をしていかねばと思う所存でありました。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2015.07.27より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

Posted by wpmaster on 木曜日 6月 14, 2018 Under ちいきのコラム, 未分類

 

 

 

滋賀県長浜市にあるラーメン屋さん「梅花亭」。
カフェのようなオシャレな空間で今回いただいたのは、“酒かすのらーめん”です。
使われている酒かすは、同じく長浜市にあり470年の歴史を持つ「冨田酒造(有)」のもの。
ほどよく香る酒かすの匂いが鼻を抜けると共に、どこか懐かしさを感じるような味わいでした。

京都北山にある「いのししラーメン・へしこラーメン」に続いて、
今回もご当地ラーメンに出逢いました。

“その土地の歴史を味わえる一杯”

あなたのオススメは、何ですか?

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 水曜日 6月 13, 2018 Under ちいきのgraffiti~写真集~

 

ここは、高野山真言宗総本山・金剛峯寺、
その壇上伽藍にある西塔(さいとう)。

敷地内の多くの建物が朱色に着色されるなか、
素材の色そのままに佇む西塔は、木造ならではの重厚感を色濃く醸しています。

西塔が最初に建立されたのは、886年。
その後、4度の火災に遭い、こちらの建物は5代目・1834年に再建された西塔です。

仏教の五色に塗られていない、西塔。
高野山へお参りの際には、ひっそりと佇む西塔の雰囲気を肌で感じてみて下さい。

 

 

 


			
Posted by wpmaster on 金曜日 6月 1, 2018 Under ちいきのgraffiti~写真集~
  • 1ページ
  • 1