経済活動には、ライフサイクル理論というのがあります。

導入期から始まり、成長期になり、安定期(成熟期)になり、衰退期となる。

 

それは、

栄枯盛衰という言葉とは若干に異なりますが、主体的行動な努力の結果から生まれるものでなく、

顧客の消費行動が総体として現れるいわゆる、世間の流行り廃れ、といってもよいでしょう。

 

これを諸行無常という大きな流れのせいにするのでもなく、その動きやスピードを感じて、先を読むことをすれば、常に勝者になることは難しいけれども、負けない力をつけることはできるものです。世の中は、弱肉強食ではなく、適者生存です。適者というのは、強い、弱いというのは、その時代、その時流により変わるものであり、変化に対応するものです。

 

 

昨日は、

3つの経験がありました。

 

1)「明らかに俺新しいことやりたいんだ、これやりたいんだ!」と

ご自身は導入期だと思っている方でしたが、

 

私からすれば、

「すみません、もうそれ、ある地域でやってますよ」というシーン。やはり全て、客観的に見て今どの立ち位置にいるかを理解せねば、戦略を間違え、その努力はすべて無駄(死)に向かうことがあります。

 

2)あるベンチャー起業家の話

「おれ、すげぇだろ」と自慢していました。それは確かにすごいこと。

しかしそれは単にそのビジネスが成長期だっただけで、誰でも経営者になれる、問題は次の持続性を生み出すかが起業家から企業家と、言われるようなシーンでもありました。

 

3)もうひとつは、

自分自身の会社の変化への対応です。

新しい提案をどう社内に取り入れていくか、最近どうも、林業関係の話題が増えてきました。

色々な方が参入しています。ある意味、新しい成長期になっているかもしれません。

企業体としての変革を、社員提案や外部の知恵からも実現するようにならねば、成長期に乗れません。また、補助金に慣れて弱体化している経営体、市場を撤退せずに林業を行っていると指摘される方もいらっしゃいます。

 

さて、ある日、

都知事候補の小池百合子氏が選挙PRのために、

奥多摩に行って、東京チェンソーズの青木君ところへ行って

林業体験し、東京の多摩地区のPRをしていましたが、時代も変わったなと思いました。

 

票が少ないところも応援しているという姿勢は、票の大きいところにも間接的に波及しますし。それが林業というものなのかもしれませn。

 

農林族とか族ではない「属」ではない、俗な流れにはなってはいけないが、時流に適応していかねばならない経営の持続可能性とは何か。

 

林業の持続可能性と経営の持続可能性を、視野広く、ライフサイクルで見ながら、今を勝ちにいくのではなく、負けないように動いていく。

また、今日も毎日、アリとキリギリス。

自分に負けないように。

 

(追伸:古川は都民ではなくなりましたが、小池氏、当選おめでとうございます。東京の緑(山)も、変わるかな?)

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2016.07.28より編集)

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

Posted by wpmaster on 火曜日 4月 17, 2018 Under ちいきのコラム

 

 

「うちの会社は、新人を入れられない」

「うちは即戦力(中途採用)しか入れられない」

「人を育てるには手を止めねばならないし、教えることで経費がかさむ。」

 

中小企業の経営者から、このような言葉(ご相談)を受けることがあります。

しかし、「それゆえに儲けられない組織になっているのではないでしょうか?」とお答えしております。

 

儲かってから人を雇うのではなく

この人を雇いたいから儲けていく。

(こんな人と一緒に仕事をしたいから、儲けていかざるをえない)

という感覚でしょうか。

 

例えば、プロジェクトチームを作るとき

以下4つのタイプの人材を入れるべきといわれています。

 

 

・大局でマネジメントできる人(リーダー)

・時間をマネジメントできる人(タイムキーパー)

・知識(技術)のプロフェショナル(実行玄人)

・発想(着眼)のプロフェショナル(発想素人)

 

もちろん零細企業であると、

これら全てができるリーダーがいることが理想などいわれますが、一人でバランスをとるのは難しいですし、起業当初はよいですが、経営が継続していくと、やはり閉塞感がでてしまいます。

少ない社員数であっても、如何に(近しい)外部のパートナーをいれるかは、重要です。

学生でもいい、主婦でもいい、お客さんでもいい。

 

だから、特に4番目のいわゆる“アホ”と呼ばれる新人が入ることで、

発想素人からの気付きが多く得られ、教えていく中で

玄人ばかりで停滞しがちな組織が“実行玄人”になる。

 

経営の根本は、「人」です。

 

即戦力も良いですが、

色々な人が出入りする組織を受け入れること。

 

業界が停滞しているのも問題の根源には、

発想素人を受け入れる勇気がないところにあるのかもしれません。

業界って言っている時点で

自らドメインを定義してしまうから、停滞してしまうのですよね。

 

 

とある人(ワカモノ、バカモノ、ソトモノ)が

「○○というプロばかりの前で、

講演の依頼があったんですがどうしましょう」

 

と、相談を受けましたが、

 

「私は素人です。素人発想しかしていません。

この素人の話が皆様プロの息抜きと何かに一部でもお役に立てればと

幸甚ですと、いい切ればいい」とお答えしました。

 

 

素人、玄人。

共通ビジョンが軸にあれば、どちらも欠かせないのではないでしょうか。

 

ちなみに、発想素人、実行玄人というのは、

船井総研時代、船井幸雄氏からの学びです。

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記  2015.06.15より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 木曜日 4月 5, 2018 Under ちいきのコラム

 

 

 

あるライターの方が川上村を来訪されていて川上村の山守らと、よもやま話でのこと。
私が何となく思っていたことを、A氏がス~っと言葉にされました。

 

 

「農林漁業の6次産業化ということについて思う事があるんですよ。付加価値化、サービス化して儲けていこうっていうことに関しては、何も悪いことではないし、そういう時代になったのもよくわかります。ただ、それを認めているということは、そもそも素材価値を認めていないということでもあり、本当に素晴らしい野菜、本当に素晴らしい、木材、それはそれで、素晴らしい一次産業としての商品力であり、何も、加工(2次)・サービス(3次) を自ら(あるいは連携して)行う必要はない。素材生産者自らが6次化というのは、負けを認めることにもなる。1次産業自体で勝負することから逃げることでもある。殊に、林業であれば、時流(マーケット)に合わせた、山づくり、木づくり、育林&造材こそ林業の旨み。よい木を創ろう。それが山側にきちんと利益が落ちることであり、6次産業化を田舎にいて全部を自前でやればいいということだけではないと思うんだけど・・・。」

 

 

とはいえこういう声もあるでしょう。林業は、農業、漁業と大きく異なり、素材価値だけでは、一般の方々が手に届くところまでの利用価値までは高められません。また物流を考え得ると、如何に川上(山林)側で、歩留りをよくし加工力を高めるかはビジネスのキーとなり、6次化までではなくとも、地域に応じた1.5次加工(例えば、乾燥まで)とか、2次加工の状況で勝負できる、価値訴求も重要です。しかしながら、時流に合わせた商品を作ろうとし、その加工力を高めようとすればするほど、如何に素材力(安定品質、安定供給)が大事かは、加工者側にとっては極めて重要なわけですし、それを一般の方々に感覚で理解してくれるような商品提供をしていくことが重要となるでしょう。ゆえに、改めて、林業に置ける素材力とは何かをA氏は説いていたのです。
続けてA氏はこういいました。

 

 

「さらにいえば、日本の森を守るとかデカいことを、言う人は信用できない。あくまでも立方あたり1000円高く売ることだけでいい。あくまでも自分の関わる山のことだけのことでいい。それができずに、何を語るのか。僕らは林業を崇高なものと思っているけれど、だけどそこを偶像化して、遠い世界のものとして過大に美化するものではなく、あくまで一本でも高く、儲けることが日常にある。だから、その先の製材所、加工品が何を求めていて素材のどこで勝負するのかを日々考える。それが林業。」と仰るAさんの言葉を聞いて、

 

~素材が時代を創る~というTORAYのメッセージを思い出しました。

私はこのように語らう時間が好きで、学生時代に24才、地域づくりインターンで、奈良県川上村に来て、27歳まで、ぷらぷら林業家を訪ね、自由に歩いてきたことを思い出しました。こういう方々の話は、いつもワクワクする。こういう人たち(すなわち自分が出会った人)と、と仕事をする、未来を創る。今日約束して、明日やる。それの繰り返し。で、最近それが自分の中でも怠っている部分があり大いに猛省したシーンもありました。

もう一度、自分に厳しくいきたいと思います。

 

 

<問い>
・6次産業化は、1次産業(素材業)の諦めか?
・時流(マーケット)に合わせた育林&造材こそ林業の旨みであろう。
・俺が日本の○○を!よりも、私の顧客、幾分かの利益。

皆様、いかがでしょうか。

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2015.05.12より編集)

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 月曜日 3月 26, 2018 Under ちいきのコラム

 

 

「これが、古川さんの仕事なんですね。ようやく分かりました。ストンときました。」
と、最近一緒に仕事をするようになったHさんに言われました。

 

林業会社の経営者であるHさん。
この日は、森林資源を活かした事業展開を目指した地域産材利用プロジェクトの一環で、
Hさんと共に行政窓口の方へのプレゼンへ行っていました。

 

冒頭の一言は、そのプレゼン(打合せ)を終えた後に言われました。
Hさんから見たコンサルの仕事は、

 

 

①マクロの統計データから時流を把握しつつ

 

②特定の市町村、都道府県(あるいは自社の商圏エリア)を見て特性を押さえ

 

③自社の動き、過去の振り返りをして

 

④だから「この戦略で闘いましょう!」と説明すること。

 

ある戦略提案の打合せを経て、コンサルが何をしているか、腑に落ちて分かったとおっしゃっていただきました。

そして、戦略提案までのプロセスには、主体者の強い「意志」と、
①~③を客観的に見る「分析」と2つの視点が重要なわけです。

「マクロ(業界全体)⇒ミクロ(商圏・自社)⇒エイヤー!(主体者の意思)」で決めるとも言われますね。
鳥の目、虫の目、最後は、意見じゃなく覚悟。
このステップを分かりやすく分析・図解・提案し、関係者を動きやすくして、共に動くのが私の仕事です。

 

 

 

需要が見えないとやらないんですか?

 

 

 

その日は、某市役所でのプレゼン(初期ミーティング)でした。

「需要は、そもそも、あるんですか?」という質問を何度も行政側から受けました。

 

その時、プロジェクトメンバーの経営者が、こう答えられました。

「現在、需要があるかないかといえば、ないかもしれません。明らかな需要があるんだったら、既にみんなやっています。競合もいっぱいでしょう。需要があるかないか分からないけれど、今の時代の流れを少し先読みすれば、潜在的な需要はあると考えていて、我々は動いてきているんです!需要は作る物です。そして、我々には小さな実績があります。どうして、目に見えるバックデータがないと動かないのか。顕在的な需要があると分からないと、動けないのかな。そもそも、いま何故、林業か、何故、地域づくりに取組むのか、そこから紐解く必要がありませんか?目に見える需要のデータがなければ、行政は動かないのでしょうか。」と。

 

まさにその通り!と思った次第です。

 

とはいえデータ(エビデンス)も必要です。

弊社は、その分析根拠(需要の可能性)を提示したうえで、行政側、民間側の両方の気持ち(時間軸)の意見を汲んで、チームとは何か、ビジョンとは何か、具体的アクションとはどうすべきか、
提案の精度を高めていきたいものです。

 

商売感覚というのは、改めて、マクロ+ミクロ+そして、えいやー!というところが大事なんですね。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2017.02.06より編集)

 

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 木曜日 3月 15, 2018 Under ちいきのコラム

 

 

林業再生の仕事をしていると誰のために仕事をしているのか!?

 

ということが複雑になり、事業ビジョンの整合性、合意形成の方法が困難になることがあります。

 

例えば、簡単に「連携」とはいいますが、

やはり素材業(丸太)と製材(製品)では、

林業側は、より高く丸太を売りたいですし、

製材側は、より安く丸太を仕入れたいわけです。

 

例えば、生産者の組合と、製材組合との関係性など・・・

 

 

また、林業という事業領域も複雑で、関わる事業者は多様であり、建築、インテリア家具、バイオマス等の利用する側を除いても

 

・山林所有者

・山林管理者

・林業労働者

・原木扱い者

・製材加工者

・広報営業者

 

 

と多種多様の顧客(メンバー)が存在します。

 

さらに、そこに、

 

・行政(市町村、都道府県、国)

 

が入りますと、確実に、誰のために優先順位をつけて、事業を展開するかに、一貫性を作ることが重要となります。ビジョン→戦略→そして実行と、順番に着実に確実に結果を出していかねばなりません。

 

林業再生に置いて、大きなビジョン(コンセプト)としては、大きな理念を掲げると同時に、コンテンツ(顧客接点の創造)という面や、

コンダクター(支援者としての動き)をどうするかが、

地域・地域によって異なり、だからこそ、公益的な意義づけ(利益整理)をしながら、根気が試される仕事、時間の掛かる仕事となる場合もあります。

 

以前、奈良県の某村長から教えて頂いたお言葉が心に残りました。

 

これは、

「村民の付託に応える事業である。」という一言。

 

ビジョン共有

進捗報告

説明責任

 

税金を使っているということがどういうことなのか、

そこに関わっている人の責任とは何か。

 

それは例えば、

国税を使った事業であれば、それが各種委員会や、実行組織については、どれだけ国民の付託を受けるものか。

 

村民であれば、村に住まう人たちの「受益」とは何かを明確にしていくこと。

 

その定義が曖昧では、林業再生とはなりません。

改めて、林業再生における「顧客」とは何か。

 

行政の役割、民間(流通)の役割、個人の役割。

それらの「受益」を明確にした形で、地域ジョンを策定し、それに則ったサービスをどこにどのように提供するかを改めて、考えるように、自分再生から始めていきます。

どの笑顔を見たいのか。意欲と能力に対するチャレンジです。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2016.01.25より編集)

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 3月 2, 2018 Under ちいきのコラム, 未分類

 

運には2種類あると言われますが、今回は麻雀を題材に、「運」についてご紹介したいと思います。

これを理解すると、「努力」「変化」「初動」「多様性」「知力」「事前準備」「能力」「実力」の大切さが分かります。

 

麻雀といえば、知る人ぞ知る「桜井章一」。桜井章一と言えば、20年間無敗の男で、ヤクザ世界の代打ちをしてきた人物と呼ばれる彼は、「雀鬼(じゃんき)」と敬称され、雑誌「近代麻雀」での漫画連載を始め、各種メディアにおいても、彼の生き様や仕事への姿勢が取り上げられています。そんな麻雀の神様と呼ばれる男は、このように語っています。「運には、2種類ある。天から授かる“天運”というものと、自分の努力・自分の力によって引き寄せる“地運(ちうん)”。この2つがある」と。

 

「天から授かる運」と「自ら引き寄せる運」

 

「運」と一括りに称する時、予め運命として定められていたような「天運」をイメージされる場合が多いのかもしれません。しかしながら、運には2つあって、自らの行動によって引き寄せられる運もあるのです。この「地運」を得るために、毎日弛まない努力をしたり、定番と違う行動を起こしてみたり、大切なコトを失わないように、「初動」を大切に行動してみたり…… 考えて動き、努めてみるものではないでしょうか。

 

つまり運には2種類あって、

天運・・・天から授かった運。みな一緒の量あるもの。

地運・・・自分で引き寄せる運。自分の力によって増減できるもの。

 

“運がいい”と言われる人は、多様な場所で、多様な努力をしているのです。みんな確率10分の1という天運を持っている。あとは、上手な動きを重ねることで、例えば、

 

Aさん: 1/10確率の天運×10 の行動=運(結果)1

Bさん: 1/10確率の天運×50 の行動=運(結果)5

Cさん: 1/10確率の天運×100の行動=運1(結果)10

 

となります。きっとここには、地運に繋げる行動のルールも必要でしょう。前職時代の先輩が、「天運と地運」に纏わる、とあるエピソードを教えてくれました。「私の高校時代の友人に3年間で100人告白した人がいる。学校には400人の生徒がいたから、単純計算すると4人に1人へ告白したことになろう。自分自身がカッコイイ男でないことは分かっていた。だからこその告白(行動)。ある意味勿論の結果であるが、ほとんどが惨敗だった。しかし、なんとこんなカレにも3年間で3人の彼女が出来たのだ。それもその中には指折りの人気の子も入っていた!」と。

私自身の経験では、学生時代のこと。明大前駅から渋谷駅まで、井の頭線という電車に乗るとき、ある車両で偶然に久しぶりの友人と出逢った経験がありました。そこで、「もしかしたら、隣の車両にいて出会わなかったこともあるんだろう。そうだ!いつも、最初から先頭車両に乗って、後ろの車両まで歩けばいいんだ!」と。それからは、「久しぶりに出会う人」も「かわいい女性との出会い」も増えました(笑)!?

 

営業に「地運」を活かすコツ

 

高校時代の告白エピソードも、ビジネスにおける営業活動も同じではないでしょうか。

①数(量)をこなすこと

②自分がモテないこと(自分の現状)を分析すること

③逃げないこと(諦めないで前向きに行動)

 

 

「あいつは運がいい」

「あいつはついてる」

 

 

運がいいというのは、絶対的に確率が高いというのではな く、元々持っている天運は、皆平等であると考えること。確率×回数=結果が決まるのだから、回数(行動の数)が多いということが運を引き起こしている。人脈、ビジネス、研究、あらゆる分野において、広がり方が違ってくる。ただ闇雲の動くのではなく、動きながら学習と成長を繰り返すわけですが、しかし不思議なことにその行動の回数を高めていると、天運の確率が上がる瞬間が突然現れるのです。「あれもこれも繋がる!あれも繋がる!すごいな!」という時がある。私の人生経験では3~5年に1回というくらいでしょうか。だから、ちょっと歩いてみれば、可能性は広がるのです。そして、たまにはいつもと違うことをする。いつもと違う帰路で帰ったら何か違う発見に出会える。

 

「ちょっとだけ、こっちに歩いてみようか」

 

成功している人は、とにかくよく動く。

それだけで偶然に、ふっと、素晴らしい景色(おまけ)に出会えたりするのです。

それが必然。感謝です。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記  2004.12.09及び2006.08.27、2008.11.30より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 木曜日 2月 15, 2018 Under ちいきのコラム

 

弊社にも、社員、研修生、インターン生と増えておりますが、ビジネスという前に、すんごく基本(私はすべて船井総研で教わった)的なことを、色々言いたくなるシーンがあり、ここで、ひとつ、人生の後輩諸君に伝えておきたいと思います。

 

ビジネス界で、「ホウレンソウ」という言葉がありますが、ウソです。

 

ホウレンソウってのは、報告、連絡、相談の、頭文字を取っての言葉です。

要するに、きちんと、報告、連絡、相談しなさいと。

 

しかし、これ、

本来は、ホンレンソウではなく、ソウレンホウであるべきです。

 

報告→連絡→相談

ではなく、

相談→連絡→報告

というのが正しい順序です。

まったく、ホウレンソウって言葉は、よろしくないですよ。

 

なぜ、いきなり「報告」するのか。おいおい!

 

というシーンが、色々なところであったので・・・。

 

「昨日から体調悪かったので、今日は体調不良で仕事に行けません」

(おい、前日の健康状態で相談しなさい。)

 

「明後日の○○の地域づくりイベント、行くことにします」

(いや、行くな、とは言わんが、まずいってよいか相談しなさい。)

 

 

社会に生きる一員として、組織に生きています。

その組織に生きている中で、信頼関係があってこそ仕事ができるのです。

顧客との関係性、会社の信頼性、地域の信頼性、築くのには何年も何年もかかるが、壊すのは一瞬・・・・。

例えば、ご縁があって、出会った人に、次にアクションを取るには、

必ず繋いでくれた人へ事前に相談し、連絡してからいくこと。

人間関係の基本です。当たり前です。

 

名刺を、貰ってすぐ直接連絡して、自分が得た人脈のように振る舞うワカモノ(バカモノ)がいますが、

最低限、必ず、ccにて紹介してくれた人にも共通に連絡すること。

それができない人は、どんどん嫌われていきます。

気づいたら、付き合いがすごく小さくなっています。

 

それと、もうひとつ。

出会った人すべてに対して、

相手の人の気持ちの立場に立ち考えること、

それができるから人間。

 

人の縁に対して、

自分だけでこうなってのではないと考えること、

多くの方の、自分とは違う、考えや思考を取り入れること。

そこに、感謝ほど大切なものはありません。

 

ビジネス人であるまえに

人に感謝できる人間であれと思います。

 

もちろん、人生は発言権獲得ゲームでもありますから、会社においても社会においても、信頼関係が出来ければソウレンホウ不要というゾーンに入りますが、あくまでも基本は基本ですから。そして、地域に入るワカモノは、本当にバカモノにならないよう、基本は忠実に学んで、社会のルールをきちんと身に着けてください。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2014.11.03より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 2月 2, 2018 Under ちいきのコラム

 

「みんなでやろう!チーム一丸となってやろう!」そんな言葉でチームの士気が高まるのは、当然のことです。

 

しかし、「結局、誰もやらないんだ・・・。」ってなった時に、
リスクを負って、責任の分担を行えるかという問題について、書いてみたいと思います。

 

「皆やろうは誰もやらない。」ともいいいます。

 

 

しかしながら、
これを逆手にとって、「俺が!俺が!」とか、自分だけ良ければいい、
という動きをして良いものでもないでしょう。

 

 

 

ある人に教わった逸話があります。アメリカ式で言う「協業」とは、

マイク→デービス→ジェームス

と仕事の流れが明確で、
役割分担が明確な下で、協業するということ。
“ここまでの仕事がマイクね”
“それが終わったらパスして、次のデービスね”ということができるか。

 

 

しかし、日本式の協業は、

太郎→次郎→三郎

という仕事の流れがあるものの、
“ここは太郎と次郎が一緒にやろう”、
“ここは次郎と三郎が一緒にやろう”となる。
それが、日本式の協業です。役割が曖昧だから、うまくいかない。
企業でもそうでしょう。。

これこそが「皆やろうは誰もやらない」の原因ではないでしょうか。

 

 

 

 

その中で、地域特有のビジネスにおいて、「協力」のポイントを以下7つにルール化してみました。

 

1 協業と体験で汗を流す
2 旗を立て、共通の夢(方向性)を描く
3 仮想顧客をつくる
4 仮想敵をつくる
5 「数字」をつくる
6 特徴(強み)を活かした役割分担
7 定点観測機能

そのうえで個々の力と個々の役割が必要になるのです。

 

実はこの日、某地域のある方をちょっとだけ挨拶に尋ねました。
よろず相談をうけましたが、その後、

 

「こういう小さい村にはね、
素晴らしい人材がいるわけではない、
ある意味足りない人材なわけでね(笑)、
だからこそ、助け合わなきゃ、一緒にやらなきゃいけないんだ。
例えば、それは、自立した個がいて、
それでもって“私を利用してもらって構わないから”、
って、そういう姿勢で関わり合おうとした方がいい。」

といわれました。
流れを止めずに、進みたいものです。

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2016.03.11より編集)

 

 

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 月曜日 1月 22, 2018 Under ちいきのコラム