「みんなでやろう!チーム一丸となってやろう!」そんな言葉でチームの士気が高まるのは、当然のことです。

 

しかし、「結局、誰もやらないんだ・・・。」ってなった時に、
リスクを負って、責任の分担を行えるかという問題について、書いてみたいと思います。

 

「皆やろうは誰もやらない。」ともいいいます。

 

 

しかしながら、
これを逆手にとって、「俺が!俺が!」とか、自分だけ良ければいい、
という動きをして良いものでもないでしょう。

 

 

 

ある人に教わった逸話があります。アメリカ式で言う「協業」とは、

マイク→デービス→ジェームス

と仕事の流れが明確で、
役割分担が明確な下で、協業するということ。
“ここまでの仕事がマイクね”
“それが終わったらパスして、次のデービスね”ということができるか。

 

 

しかし、日本式の協業は、

太郎→次郎→三郎

という仕事の流れがあるものの、
“ここは太郎と次郎が一緒にやろう”、
“ここは次郎と三郎が一緒にやろう”となる。
それが、日本式の協業です。役割が曖昧だから、うまくいかない。
企業でもそうでしょう。。

これこそが「皆やろうは誰もやらない」の原因ではないでしょうか。

 

 

 

 

その中で、地域特有のビジネスにおいて、「協力」のポイントを以下7つにルール化してみました。

 

1 協業と体験で汗を流す
2 旗を立て、共通の夢(方向性)を描く
3 仮想顧客をつくる
4 仮想敵をつくる
5 「数字」をつくる
6 特徴(強み)を活かした役割分担
7 定点観測機能

そのうえで個々の力と個々の役割が必要になるのです。

 

実はこの日、某地域のある方をちょっとだけ挨拶に尋ねました。
よろず相談をうけましたが、その後、

 

「こういう小さい村にはね、
素晴らしい人材がいるわけではない、
ある意味足りない人材なわけでね(笑)、
だからこそ、助け合わなきゃ、一緒にやらなきゃいけないんだ。
例えば、それは、自立した個がいて、
それでもって“私を利用してもらって構わないから”、
って、そういう姿勢で関わり合おうとした方がいい。」

といわれました。
流れを止めずに、進みたいものです。

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記 2016.03.11より編集)

 

 

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 月曜日 1月 22, 2018 Under ちいきのコラム

 

 

人間、は興味を持ったことに対しては、自ら動きますよね。
しかし、興味を持てないことに対しては、なかなか動きません。

 

そして、興味を持たないというのはどういうことかと分析すると、
ある情報を得た後に、興味がないと判断するわけですが、
実は、大抵の場合その情報は、二次情報であり、
人の加工した情報に対して「興味がない」と判断していることが分かります。
そして、何かの情報を遮断してしまうのです。

 

過去にこう教わりました。

 

・自分で見たこと、やったこと

・信頼出来る人が、言ったこと

 

この2つしか信じてはならない。

 

この日、ある事柄に関して、
ある人が、懐疑的な意見を述べておられました。

 

私は、「そうなんだ~」と聞き流してしまったことから、
深く自ら調べることはしていませんでした。
そして、興味の目を閉じてしまいました。

 

しかし、私が発信した情報を読んだ方からメールが来て、
私は聞き流していた情報に対して具体的に調べて、私に教えて下さいました。

 

それも「こういう視点でみたら、こうプラスだね。」という内容でした。
ハっとしました。

 

なんとなく人の話を
なんとなく自分の意見のようにしてしゃべってしまっていて、
興味を閉ざした自分に気づきました。

 

人の意見を疑いなさいということでなく、

もしかしたら、
違う見え方ができるかも?
違うプラスの価値があるのでは?

 

そう思って、

「自分で見ていく、やっていく。」

 

その情報を、興味あるものにするか、聞き流してしまうか。
すなわち宝にするか、ゴミにするかは、
自分次第なのですよね。

 

そういえば、若干話がずれるかもしれませんが、
大学院時代、既往の研究を鵜呑みにするなとはよく言われましたが、
今考えれば、ご健在の人ならば、その研究者に会いに行けばいいんですよね。

 

批判的合理主義として、
自ら情報にバリアを張るような思考回路をしないこと。

 

いいとこ見つけて、動いてみる。
そういう癖付けが大事ということかもしれません。
教えてくださる人が私の周りにいます。ありがとうございます。

 

自分と違う考えがある人を、本当に信頼できる仲間として、どれだけ作れるか、
それがきっと興味の幅、行動の幅、結果の幅になるんでしょうね。

 

1)二次情報の中から、プラスを見つける癖付けをすること。

2)見つけたら動くだけじゃなく、不安でも自ら動くこと。

3)自分とは違う気づきが得られる、信頼ある仲間をつくること。

 

ということですね。
そのために(人のためになる)情報発信に余念なく。
Give&Giveの精神で。

 

「常識とは18歳までに得られた偏見のコレクションである」
というアインシュタインの言葉も思い出しつつ・・・。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記  2017.02.22より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 12月 22, 2017 Under ちいきのコラム

 

本日は夕ご飯を食べながらの打ち合わせにて、最近気になる地域の取組は無いかという話題になり神戸市に拠点を構える、新鋭のリノベーションチームを紹介しました。

 

こちらのチーム、ホームページは現在開設準備中とのことで、Facebookとインスタグラムを主な情報発信媒体としているのですが、ここ数年でぐっと注目度が高まっているリノベーションチームだと認識しています。

 

最近の事例だと、

・八百屋店舗の建設(尼崎市):元社員アパートを解体、廃材を活用しながら改装を実施

・ゲストハウスの建築(神戸市灘区):旧形成外科の診療所を改装、入口看板にはレントゲン投影用の機材を活用するなどこちらも廃材を活用。

・ブルワリーの建築(丸亀市)

など店舗の設計、施工を主に行っています。

 

どの物件も個性的で、廃材をうまく活用しているところ、手作り感ある部分と職人の技が光る部分のギャップがあるところに特徴があります。

 

現在ホームページが無いものの、

・毎日の作業をSNSで投稿している。

・有名リノベーション会社との繋がりがあり、その会社のWEBページで紹介されている。

・業界内で有名なリノベーションスクールの講師を担当した経験あり。

・各物件を仕上げるために数百人のボランティアを集めている。

ということがPRの要素となっています。

 

大勢のボランティアを集めることで竣工後の店舗に訪れる顧客を生み出し、

施主もこのリノベーションチームと創り上げたストーリーを語り、そこから口コミが広がり、また違う案件が発生する。といったサイクルも生まれていきます。

リノベーションにDIYを取り込み、「空間づくり=コミュニケーションづくり」ととらえた活動が1つの魅力として広がっているのです。

 

DIYに関しては一般住宅でも注目を集めています。住宅業界のメイン顧客としてマークされているミレニアム世代は倹約をクールとみなし、合理主義な一方で「少しだけ自分流」にしたいと思い欲求を持っているといわれます。また住宅・工務店業界の最新ニュースを紹介している情報誌にはミレニアム世代の31.6%が住居のDIYをしたい、36.8%が少ししたいという結果もあり、「自身が体験する」ということに対するニーズが高い時代にあることが読み取れます。今回ご紹介したような新鋭の数人規模で地域に根差すリノベーションチームが全国に増えていき、木材業界も仲間に入り共に盛り上がる。そのような新しい絵が描けたら森林林業、木材業、建築業でまた新しい活動が生まれていくのではないかと想像しています。

 

 

(高田 日報 2017.09.29より編集)

 

 


 

【アシスタント/アナリスト  |  高田敦紀 】

古川ちいきの総合研究所、入社二年目。林業・木材業に関する弊社オリジナルの調査分析業務を中心に、行政から民間企業まで幅広く、様々な地域の支援業務に関わる。林業・木材業の新たなマーケット創造に向けて、身近な異業種からも学びを!身近な暮らしの中に潜むマーケティングのポイントを中心にお届けします。

 


 

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 12月 15, 2017 Under ちいきのコラム

 

 

何のためにマーケティング活動を行うのですか?

 

売上のため、顧客作りのためと答える人が多いと思いますが、それだけでは違うんです。

マーケティングコンセプトの著者「フィリップ・コトラー」も言うよう、

企業のマーケティング対象となるのは、

 

・顧客

・人材

・投資家

 

の3つと定義されています。

よって、マーケティング活動、すなわち、コンセプト設計と浸透、ニーズ対応とサービス力の提供、

アフターフォローといった各種活動は、お客様を得るためだけの活動ではないのです。

 

世の中、殆どの商品商材が、過剰生産であり、

情報にありふれている昨今でありますが、

 

では、より詳しく知ろうとしたときに、

いまやWEBページがないような状態では、商品がないに等しい次元です。

 

それでも、

ある一定のコンセプトを持ち、

ずっと発信し続けていくと、

 

「あなたの会社に投資したい、寄付したい」

とか

「この会社に入って、こういうことしたい」

 

という人がやってきます。

 

 

その上で、私の人生を振り返ると、

「将来、こんな人に出会いたい」って思っていると、必ず出会えてきたと思えます。、

 

出会えるわけないと思える、すごーく遠い存在の人も

出会ってきたように思います。

 

会社や組織は、

売上を上げて、利益を上げることが重要ですが、

 

こんな顧客と出会いたい、

こんな人材(将来の社員/仕事仲間)と出会いたい

こんな金融支援に出会いたい

 

ということを、

理念設計、商品設計、商圏設計、サービス設計、固定客化設計に

きっちりと落とし込み、

日常の業務と日常の発信の積み重ねを行うと必ず、その人なりのタイミングで、

そういう人と出会うのです。

 

 

自分のいる組織を利用して、

仕事を通して、自分が将来出会いたい人をしっかり定め、

仕事をしていく大切さ。

 

この日、

 

・ある地域にて、ある商材についてWEBページがないと指摘を受けたこと

・老舗林業地域において若手現場社員が、将来のキャリアビジョンと仲間像を描いたこと

 

これらを踏まえて、

人生のご縁の勝ち取り方とは、

日々の変わらぬマーケティング活動にありと思った次第です。

 

仕事を通して人生を豊かに。ご縁を掴む。

 

将来顧客、将来社員(ビジネスパートナー)、将来投資家

将来家族、将来○○・・・・

 

ご縁は、日々の積み重ねにより、タイミング通り、やってくる。

 

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記  2016.07.08より編集)

 

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

Posted by wpmaster on 木曜日 12月 7, 2017 Under ちいきのコラム

 

あるIターン起業経営者の言葉

それは、ある地域で人材育成についてディスカッションした際の出来事でした。「“これをやりたい!!”と、強く志望動機をアピールして入社してきた子が意外と残らなくて、入社(移住)当初は強い意志表示をしなかった子の方が、意外と長く残ったりしていますからね。それは仕事を続けている間に“何でも良いから、ここでの暮らしと縁を大事にしてこれからも働いていたい”というタイプの社員たちだったりするんです。」と、この地域へIターン起業したAさんが話す言葉が、その場にいた参加者の心を掴んで、私の記憶にも焼き付いていました。

 

季節が移って、この日は別の地域でのIターン者に向けた、起業支援アドバイス訪問。弊社代表の古川がアドバイザリー面談を行う時、私はアシスタントとして同席しています。面談を行う方の大半は、各々に「この事業をやりたい!」と意思を持って移住している方々です。一方で、意思表示の強さにはもちろん個人差があります。夢を描きながらも、実際に移住し活動してみると、やはり「思っていた環境と違う!」という理想と現実の差異が徐々に明らかになってきますが、そんなお悩み相談に応じていた時、ふと、先のAさんに教えて下さった言葉が想起されました。移住当初こそ、口数の少なかったBさん。しかし移住してから起きる予想外の事態にも柔軟に対応して、一歩ずつ次の事業へと小さな活動を積み重ね、毎回新しい提案を持って来られるのです。第一印象の落ち着きはそのままに、着実に歩みを進めておられる姿は、やはり逞しいのです。

 

求められること×やりたいことのハザマ

 

1)できること
2)やりたいこと
3)求められていること

これら3つの輪が重なる部分で仕事を作りなさいという考え方について、
初めて教わった時に、なるほど・・・と納得したことを覚えています。

 

一方で、私は自分の”要領の悪さ”を自覚しています。
新しいことを始める時は、たいてい周囲から遅れをとって、
できない状態から始まる実体験の方が多かったように思います。
そのため、今できるか・できないかは、
新しいことを始める時の優先順位で下位になります。
続けていれば、大抵のことは、気付けば出来るようになっているからです。(たぶん)

 

まして、今の間から1)できること を判断軸の一つに入れてしまうと、
選択肢が非常に限られてしまうので、
当面1)の判断軸は、そっと頭の片隅に仕舞っておくことにしました。

 

そこで
2)やりたいこと
3)求められていること について考えると、

 

色々な地域に出張させてもらっている私ですが、やりたいことだけで食べている人ばかりいるよ!そんな人たちだけで出来た地域には、未だ出会いません。消去法的な理由で移住や転職を繰り返したところで、理想郷にはたどり着けないのかもしれません。しかしながら、「求められていること」×「自分がやりたいこと」の狭間に役割を見出して、いきいきと働く、格好良い仕事人の方々にはたくさん出会わせていただきました。

 

 

そして、そういう人が、一番折れない。

 

 

そんな内容の社内日報を送ったところ、先輩から返信をもらいました。「やりたいことのために、やりたくないことが我慢できない。それって本当は、大してやりたいことじゃないのかもね~。」と。先輩が妥協も挫折もしない秘訣は「これか!」と。

 

一言に”強さ”といっても種類は様々です。鋼鉄のように硬い強さもありますが、それは予想外の力が加わると意外と脆いのかもしれない。「求められていること」×「自分がやりたいこと」の狭間で、柔軟に応じること。柔軟故に、簡単には折れない。そんな木材のような粘り強さを(?)狙っていこうと思うのでした。

 

 


 

【アシスタント/マーケティング主査  |  老籾千央 】

古川ちいきの総合研究所、入社三年目。アシスタントとして、代表古川と共にお客様のプロジェクトをお手伝いしています。本コラムでは、「アシスタント老籾が仕事の中で学んだこと」を通じて、“ちいきのメソッド(弊社がセミナー・研究会でお話するマーケティングフレーム)”をお届けします。コンサルティング会社が日々どんな仕事をしているのか!?と私たちの日々をご覧ください!

 


 

 

Posted by wpmaster on 木曜日 11月 30, 2017 Under ちいきのコラム

 

本日は古川が出会ってきた「できる人シリーズ」のエピソードをお届けします。それは船井総研時代の出来事です。この日は、セミナーテキストを作るために、とある住宅着工に関するデータを収集していました。その時ふと、“東京のYさんが持っているだろう”と思い立ち、社内の内線電話を繋げました。

 

 

古川:「悪いけど、○○のデータないかな?」

 

Yさん:「あるよ~。すぐデータ渡そうか?」

 

古川:「おう・・・ありがとう。ってかエクセルデータでないかな?注文が多い料理店ですまん・・・!。」

 

Yさん:「ん!?どこいったかなぁ!?」

 

 

そのときである。Yさんは即座にこう言った。

 

 

 

Yさん:「OK!5分探すよ。無かったらごめん。」

という返答にさすが!と感じたのです。

 

相手の時間と状況を即座に推し量る

 

 

大したことのない話と言えばそれまでであるが「後で送っとくよ」とか「明日までには送るよ」という時間感覚ではないのだ。さらに「何とかしてでも探し出すよ」と言われないところも、この時の僕にはピッタリカンカンだった。

 

・相手の時間を使っているから私は申し訳ないと思っている。
・さらに、人が精魂かけて取得したデータをすぐにもらうので恐れ多い。
・その程度のことで大いなる時間を費やしてもらいたくはない。
・そうはいってもお互いの仕事の状況を理解している。
・そのデータの重要度(非重要度も含む)も相互で分かっている。

 

このような状況で「5分」と期限を自ら宣言することのカッコよさに仕事の出来る人の秘訣を感じた。要するに、「今日中に送るよ」とかでないところが僕はビビっときたし「この程度で相手の仕事を犠牲にしてまで一生懸命に探してもらっても困る」わけで、更に言えば、その即時処理の真髄も、相手の仕事と自分の仕事の時間を大切にしてくれている感を得られると非常に嬉しいという気づきだった。

 

”できる人”からの学び

 

1)相手の仕事の重要度を理解する

2)こちらの誠意を示す

3)お互いの状況を把握して、

4)みずから即時処理を行い(その背景に整理力があるが)

5)そして期限を宣言。

 

さすが。そして、3分も経たない間に、内線電話が鳴り響きました。「あったよ!ちょっとこれだと多すぎるから、そのうち3つを送るよ」と言って、予想以上の有意義なデータを送って下さった。常に学びあり。そしてありがとう、というエピソードでした。

 

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記  2007.05.16より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 火曜日 11月 14, 2017 Under ちいきのコラム, 未分類

 

 

先日、コンタクトレンズを買いに眼科に行きました。少々お金はかかりますが私の場合、眼と歯はしっかり病院に行って診てもらうようにしています。昔から家族から言われ続け習慣化しているからという理由もありますが、結局は「自分の(長期的な)健康に関わることへの安心」を求めているからこそ、インターネットでコンタクトを買える時代ですが、あえて眼科に通うようにしています。

また、コンタクトを買う場合、眼科はどこにいっても同じかなと思うこともあるのですが、
・定期的に検診を受けられる。(数か月に1回受診を進められる)。
・支払い窓口と受付を分けている。(受診したい人、コンタクトを買いに来ただけの人の受付が別になるため、支払いとコンタクト受取がスムーズ)
・スタッフ、ドクターの対応が丁寧
・50年続く歴史ある眼科で、コンタクト開発にも携わっている。

という4つの理由から、現在の眼科に通っています。大学病院など大きな病院だと窓口を分けている場合がよくありますが、小さな病院にはあまり見ませんね。こちらの眼科は駅に隣接していることもあり、さっとコンタクトを買えることは1つの差別化要素にもなっているように思います。

 

私がこの眼科を選ぶ5つの理由

 

ここまでのことから、私はなぜこの眼科を選んでいるのか、その要素はなんだろう?と考えてみると
①品質
②納期
③価格
④個人信頼
⑤会社信頼
の5つのポイントでまとめられます。
また、この5つのポイントを総合的に見てモノやサービスを買うことが多いのではないでしょうか。

 

今回の例であれば、「健康(ヘルスケア)」という視点を含めば、多少価格が高くとも選択する顧客はいるということが予想できます。その点で、森林セラピー療法、建築での木材利用、といった場面でストレス軽減効果などのPRが行われていることに納得が出来ますね。

 

さらには、単に木材の質や効果だけではなく、例えば流行りの家電とコラボして健康家電グッズの領域を広げられないかな、もっと暮らしに寄り添った形の提案があるのではないか、と妄想を繰り広げる眼科に通う時間でもありました。普段の何気ない自身の購買行動を森林林業、木材に結び付けて妄想したり、異業界から学んだりする姿勢は、今後も大切にしていきたいことです。

 

 

 


 

【アシスタント/アナリスト  |  高田敦紀 】

古川ちいきの総合研究所、入社二年目。林業・木材業に関する弊社オリジナルの調査分析業務を中心に、行政から民間企業まで幅広く、様々な地域の支援業務に関わる。林業・木材業の新たなマーケット創造に向けて、身近な異業種からも学びを!身近な暮らしの中に潜むマーケティングのポイントを中心にお届けします。

 


 

 

 

 

Posted by wpmaster on 水曜日 11月 8, 2017 Under ちいきのコラム

 

 

居酒屋やレストランでのこと。特に終盤では、少し酔い覚ましに一杯のお水が欲しくなりませんか?そんな時に、「お水下さ~い」と出されるお水は大抵決まって、どの店舗でも見る同じようなコップに、何のおもてなし気分も無いような水が出てくることがあるものです。もっと酷い時には、水道水そのままの塩素臭いお水が出てくることもありますね。しかしこの日、私が足を運んだお店(西中島の某居酒屋)は、違いました。飲み物の平均価格は400円~500円前後で、平均客単価3500円程度と、少し高単価の居酒屋でした。そこで「お水くださ~い」といって出てきたお水に、私たちは、目を丸くしました。出されたお水は、カクテルグラスに、お店独自で製造された氷が入り、且つ、素敵なコースターを用意し直して、提供されたのです。

 

「わぁ」

 

と声を揃えた我々はその時、この言葉を思い出しました。それは、佐藤芳直さんの著書「100年企業 経営者の条件」にも記載される「下限価格商品に企業の魂が宿る」という一言です。最も安い価格商品にこそ、企業のこだわりをだせ!という意味が込められています。末端の最低価格ですら、こんな素晴らしい価値を提供できるのか、と消費者に、認識させれば、より高価な商品には、もっとレベルの高い価値があるのだろうと期待させることができる。ファンを増やせる段階的構図としての入り口の質。安いからといって、質を落とすのではなく、「入り口商品」であるからこそ「企業の魂を込めるべき」という意味が込められています。

 

サービス会社、営業会社でいえば、新入社員が下限商品だとも言います。「新入社員です」というバッチを付けて品質の低さを敢えて認めさせてもらうのではなく、新入社員がこのレベルかと、人材育成をするべきです。

 

例えば、メルセデスベンツは「最低単価のAクラスから最高単価のSクラスまで、ドアの取っ手を握った瞬間、ベンツだとわかるのです。」と、そこに一過性の基準が定められています。また例えば、トヨタのカローラを思い、そこから、100万円で、この車なのか?と思えば、「クラウン」「セルシオ」のレベルを想起し、憧れに繋がります。著書の中で佐藤さんは、日本酒の失敗についても述べておられます。日本酒の世界では、 高級志向が強まりすぎて「入り口商品」と「高級商品」との差を広げすぎ、入り口商品の妥協により、落ち、朽ちていったのだと佐藤さんは書いておられます。何も、昨今の焼酎ブームに押されたのではなく、原因は、日本酒側にもあるということ。この日の本日の体験は、非常に納得のいくものでした。レストランや居酒屋のお水やお通しは、価格がないという点で商品ではないかもしれませんが、立派な商品です下限価格商品の典型的な例であるのではないでしょうか。

 

人づくり、モノづくり、下限商品に魂を。

(地域再生・森林再生コンサルタント古川大輔日記  2004.11.26より編集)

 

 


 

代表取締役 | 代表コンサルタント 古川 大輔  Daisuke Furukawa

twitter: @daisukefurukawa

blog: 地域再生・森林再生コンサルタント日記

 

地域と森林林業専門コンサルタントとして全国の産地を飛び回ること十数年。会社のミッションは、森林や林業、山村の問題解決ではなく「価値創造」です。そんな志を共有できるお客様・そして未来のビジネスパートナーとの更なる出会いを目指して、古川の考えや、先輩方から教わった学びを言葉にお届けします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 10月 27, 2017 Under ちいきのコラム