11月23日(金)‐25日(日)の3日間は愛知県豊田市にて、A館T-FACE9F とよた子育て総合支援センター『あいあい』リニューアルに合わせてウッドトイ・カーニバルが開催されました!

3日間で来場者は約6,000人ということで、多くの方にご来場いただき、子供たちは豊田市の木で作った遊具やおもちゃでおもいっきり遊べる3日間となりました。

同イベントでは、地域材利用拡大プロジェクトからご支援をしている「一般社団法人ウッディーラー豊田」が豊田の木から蒸留したオリジナルフレグランスが作れるワークショップを行うということで、25日(日)に、サポートスタッフとして参加しました。

 

 

 

とよた子育て総合支援センター「あいあい」とは?

子育て支援センター「あいあい」は、豊田市が管理する子育てに関する総合支援を行っている施設で、専門スタッフが子供の食事、睡眠、遊びなどのお悩み相談の対応、お母さま方のコミュニティづくりのためのサークルや育児に関する講座開催や情報誌発行などまで行っています。

駅に隣接する百貨店内に設置されているため、公共交通機関や自家用車でのアクセスも良くリニューアル前から多くの方に愛用されている施設でした。

今回のイベントは、2か月間同施設を閉鎖し、前面木質化などを行いフルリニューアルしたということもあり、

豊田市内および豊田市周辺市町村のお子様がいらっしゃるご家族が大注目するイベントとなったようです。

 

 

「森づくり」のまち、豊田の山から癒しをお届け

 

3日間のイベントの内、25日(日)に一般社団法人ウッディーラー豊田では、オリジナルフレグランスづくりのワークショップを行いました。

今回は、クロモジ、スギ、ヒノキのアロマウォーターを来場者にお好みでブレンドしていただき、専用ボトルに詰め込んでお持ち帰りいただきました。

 

会場では、実際に蒸留器を使ってクロモジのアロマウォーターと精油を抽出していました。

科学の実験のような雰囲気に、子供たちも興味津々、親御さんも初めて見る方がほとんどで、

普段アロマオイルを使用している方にも抽出前の材料から知っていただく貴重な機会となりました。

 

普段の生活からは、林業や森づくりと聞くとイメージできない遠い存在と思う方も少なくはないと思いますが、フレグランス、香りを通して身近な存在に感じていただくことが出来たのではないでしょうか。

日々の生活を癒す香りは、実は家から近い場所から採れる材料から出来るということを知っていただければ、

森林、木材への愛着も深まることでしょう。

 

しかしながら、一般社団法人ウッディーラー豊田では、アロマオイル事業がメインというわけではございません。

既に最近の豊田市街地を歩いたことがある方は、ご存知の方もいるかもしれませんが、豊田市産材の木を使った家具や、建築物のデザインやコーディネートを行っています。

歩道に設置されたプランターやベンチ、バス待合室など様々な所に「クラフトウッド」、「メーカーウッド」のロゴマークが見ることが出来ます。

弊社ブログでも、去年のクリスマスシーズンにご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

愛知県豊田市のイルミネーションに注目!

 

豊田市は、クルマや工場、スタジアム、先進技術やエコなど言わずと知れた、世界に誇れる「ものづくり」のまちでありながら、林業が息づく「森づくり」のまちでもあります。

これからもどんどん増える、街中での市産材を使ったオブジェクトや建築、一般社団法人ウッディーラー豊田の活動に是非注目下さい。

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 月曜日 11月 26, 2018 Under pick up, すべての記事

 

西日本では、紅葉が見ごろを迎え、立冬も過ぎ朝夕の冷え込みが厳しくなってきた11月18日(日)、大台町林業総合センター研修室にて、みえ森林・林業アカデミー第1回公開講座が開催されました。

(みえ森林・林業アカデミーFacebookページ:https://www.facebook.com/miemorimanabi/photos/a.260213024750158/344476132990513/?type=3&theater

みえ森林・林業アカデミー(三重県林業大学校)の来年4月からの開校を記念して、新たに始まる講座の一部を体験していただく機会として、誰でも参加可能の公開講座ということで、記念すべく第一回に、講師、全体コーディネーターとして弊社代表古川が登壇しました。また、他にも、宮川森林組合 林業振興課 中須真史 様、トヨタ自動車(株)社会貢献推進部社会貢献プログラム室  國友淳子 様、ノースジャパン素材流通協同組合 営業企画部 次長 八柳芳昭 様が講師として集まり、各講師の講演と参加者の質疑応答を交えたクロストークを行いました。なお、森林組合職員、素材生産業者、行政、その他含め約30名の方のご参加がありました。

今回のテーマは、「森林資源の新たな活用」。多様化する世の中の需要や、改めて見出される隠れた需要への対応がビジネスチャンスへとつながる中で、これまでとは違った新たな視点による森林資源の活用について考えました。

 

 

林業、地域、企業、自分を変える

林業の定義(領域)は、自分たちで決めよう。「日本の林業どうあるべきか」ではなく、「自分たちがどうありたいか」が重要であるというお話をさせていただきました。

「林業を変える」「地域を変える」というビジョンはもちろんありつつ、実際は、自分が作りたいもの、サービスを届けたい人に送るという「経営力」が重要であります。

そこで、一人、一企業だけで行うだけではなく、地域で関わり合う全員でチームとして動く必要が出てきます。自分の分野は、素材業だから、流通だから、加工メーカーだからと視野を狭めるのではなく、最終顧客に商品を届けるチームとしてブランドを確立していくことも1つの方法です。

また、ブランド=ビジュアル(見た目)ではないというお話もさせて頂き、林業のブランドを作るというのは、その土地、地域ごとの気候風土や樹種・品種、施業方法、時間軸(歴史)に基づいて、立地(商圏)・規模(物流)を考えて作り上げていくべきものであり、他地域の実際の経験してきた事例も一部紹介させていただきました。

 

収益機会のBefore⇒Future

素材生産業者の方は、丸太を原木市場に出すのかは仕事かもしれません。しかし、もっと森を楽しむ仕事はあるのではないでしょうか。

かつて(before)は、山には桜や紅葉、名所の借景などの文化・景観的要素、ハイキングやキャンプといった自然環境を活かしたアクティビティがありました。ただ、木材といっても、原木から構造用材になる以外に、今後(after)は、内装材、家具・小物(ノベルティ)、シロップや精油など様々な商品、森林空間の体験では、森林セラピーや森林浴などへとマーケット(顧客層)の展開、拡大すべくニーズが高くなっています。

全国では新しい森林の収益モデルが数多く生まれ始めています。森林には、林業におけるA材品質を高めることが重要(前提)としても、単に丸太を生産するだけではない、「自分の好き」から利益を生み出す可能性が秘められているのです。トヨタ自動車様(フォレストチャレンジ)、ノースジャパン素材流通協同組合様(薪ビジネス)、宮川森林組合様(アロマ、燻製チーズ)の新しい事例を踏まえ、

 

1)ニーズを聞いて、自らマーケットを作り、変革し動くこと

2)世間のニュース、流行、時流を捉えて、アンテナを張ること

 

をポイントとして、お伝えさせていただきました。なおクロストークでは、担い手の課題がでましたが、林業が、いつごろの原木単価に戻れば、補助金なく経営が出来るのかというのをまず計算し経営努力を日々行いつつ、そのうえで、林業だけで稼ぐというのでなく、自分自身が森ではたらく!楽しさを、色々な趣味をしていくことが大事ということも話題が広がりました。

講演後に、改めて、弊社としてまとめますと、

 

●野性(情理)をもって森と共に「多趣味」で仕事をする

●知性(合理)でもって経営を強く「多収益」を得る

 

そのための林業のプロたちだけではない、新たなマーケットは結果うまれてくるもので、まずは森に対して「交流人口」「参加人口」を増やそう!と、著書「森ではたらく!27人の27の仕事」を紹介しつつ、現在、全国で増加している林業大学校の中で、来年度の「みえ森林・林業アカデミー」の講座に期待すべくことをお伝えさせていただきました。

参加者の声

【県職員:Y様】

マーケティングの中身について、本講義の方で是非伺いたいと思いました。特に、マーケティング1.0~3.0を事業体にどう理解、実践してもらうかについて、掘り下げてみたいところです。また、県としても「定時、定量、定質」をキーワードに事業展開しようとする中で、QCDを林業でどのように実践していくかについても大変興味があります。

 

【市職員:U様】

トータル林業について、吉野林業などの全国の事例も参考になりました。市としては、尾鷲ヒノキの販路拡大をしたいが、構造材は頭打ちであるため、差別化された内装材に目を向けるべきか、木工製品なども含めて、具体的な事業に対する詳細をもっと知りたくなりました。

 

【公益社団法人職員:S様】

林業の顧客は誰なのか、今まで思っていた以上に様々な人が森を愉しむことが出来ても良いのではないかという視点が自分が関わる事業の参考になりました。あらゆる世代や地域を対象に、森や林業に親しみを持ってもらえる活動(森林環境教育や木育)を推進していきたいと思います。

 

 

さいごに

林業×地域×マーケティング×リクルートに係るご相談・講演依頼等は、お問合せフォームからお受けしています。ご希望の時期や内容について、お問合せフォームからご連絡いただければ幸いです。

過去の講演実績は以下のURLからご覧いただけますので、併せてご参考ください。

https://chiikino.jp/blog/?page_id=193

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 月曜日 11月 19, 2018 Under pick up, すべての記事, 講演&研修 報告

 

 

猛暑、地震、台風、厳しい自然災害に見舞われた夏を乗り越え、

すっかり涼しい秋となった10月27日(土)、

新大阪にて今年度に入り第3回の大阪経営実践研究会を開催しました。

今回は初参加者の方が2名、他にもお久しぶりにご参加いただいた方も数名と、さらに2名の講師にご登壇いただき、密な研究会となりました。「継業」「副業」「地域一番」「官民一体の裏話」「産業ではなく生活ビジネスで1億以上」「住民のためという偽りない想い」等がキーワードでした。

 

今回のメニュー

【1】各社近況報告

【2】初参加者ご紹介

【3】ちいきの総研より情報提供

・ドイツの森林ビジネスの今(ちいきのインターン生のドイツ3週間奮闘記)

・今月のマーケティング報告

【4】特別ゲスト講演

・講演①:『一周廻って、地域一番(地域信頼)とは何か。官民一体の本質。』

・講演②:『生きる・死ぬ、までのトータルサポート事業とは!?』

【7】ちいきの総研より情報提供

・今月のマーケティングトピックス

【8】まとめ

 

 

ゲスト講座

弊社の研究会や、イベント、講演では度々テーマに挙げている

「理念と利益」

皆様は自社のどこに理念を設定し、どこで利益を採るか。その利益はどの理念に使うか。

これらを、明文化、組織に浸透化し、しっかり説明することが出来るでしょうか。

理念の体現と利益の実現は、どのようにPDCAが出来ているでしょうか。

弊社では、「理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言」を信条に、

地域経営・企業経営を持続可能にしていく戦略支援を展開していますが。

今回は、代表古川と近しくさせていただいているお2人のゲストに講演いただきました。

 

まず、1名からは、官民一体、住民参加型の生活インフラ事業における「福祉」「地域信頼」の視点から理念と利益のお話です。行政から出向している事業長は、まずこうお話されました。

 

「地方創生っていうのは、自治体が消滅することではない。

あのおっちゃんのお店がなくなる、あのおばぁちゃんの料理がなくなる、

小さなコミュニティがなくなる、笑顔がなくなる、そういうところなんです。」

 

と地方自治体(行政)から出向し、新組織で務める事務局長。

 

1)赤字事業であっても地域住民にとって、無くてはならないインフラや施設を守る。(行政視点)~名もなき村から、大手商社への営業~

2)赤字事業を補填出来る、営利事業を確立する(民間視点)~1000人の村で1億円/年をつくるライフビジネス。~

3)複数視点を掛け合わせた事業を展開する(例:移動販売事業に訪問医療を合わせる)

そして、ビジョンとしては、直近の収益だけでなく、10年後、20年後、地域住民が幸せになる事業を生み出す。

行政的視点で理念に偏るのではなく、とはいえ民間的視点で利益だけにこだわるのではなく、自社以外の地場産業を考慮した理念と利益の戦略バランスが取れた、事業紹介をしていただきました。なお、本日ゲストでお越しいただいた自治体職員の、営業苦労、組織立ち上げの苦闘なども、あり、ディスカションがより深まってゆきました。

また、もう1名のゲスト講師は、中小企業こそが日本を作るという信念ある経営コンサルタントから。

1)大手企業との差、売りっぱなしビジネスの終焉、顧客トータルサポート事業とは何か。

2)社長の右腕「幹部」の育成について大切なこと

3)SNSを利用した「広報・販促」の方法

といった3つのテーマに置いて、多岐にわたるアドバイスをしていただきました。

特に幹部育成については、「まず、社内で経営者が一番勉強しているか。」「自分でやっている以上のことを部下はやらない。」との言葉がとても印象的であり、

SNSでの情報発信についてもそもそも向いている商品、向いていない商品があること、効果を発揮するには継続が重要であり、悪い方向にレビューされないマネジメントが重要であることなど、鋭い視点からアドバイスをいただきました。

今回ご参加いただいた方は、特にニッチな顧客をターゲットとした時、1つの地域での事業展開をしていく時に必要な経営のヒントをお伺いしました。

古川ちいきの総研としては、これら本質を捉え、時流に適応することとして「まとめ」をいたしました。

 

・理念と利益の設計(身近な人を良く見て、一生のお付き合いを)

・4つの戦略事業の構築(主力、補助、刺激、開発を利益から理念へと戦略的に)

・多業収入の構築

・隣接異業種へのビジネス創造(パラレルキャリアの時代へ)

・山林所有者はBS、半官半民がPL、消費者住民がCF (地域3者の連携と参画する財務視点)

 

 

参加者の声

【公務員S様】

自社の利益、顧客の満足、どちらが先かということを再度自分事化して考えてみる必要があると思いました。「継業」というキーワードがありましたが、今年度から退職した先輩の業務を引き継いだ自身もある意味「継業」したのだと考え直してみると、今の仕事の意義が違ったものに見えてきました。

 

【工務店O様】

林業関係の経営者の方が中心の勉強会だと思っていましたが、異業種の方も多く集まり、皆様々な視点からのコメントがあり、大変勉強になりました。ゲスト講演では事業の目的設定、地域コミュニケーションの考え方が大変参考になりました。

 

【機械問屋T様】

頭の中でふわふわ考えていたことが具体的な言葉となりました。自分1人で考えるよりも様々な立場、業種の人と話せることが研究会のメリットだと感じます。今後は、もっとテーマを絞った部会のようなものがあると良いと思います。

【デジタルサービスI様】

久しぶりに参加できて、新しい出会いがあり、刺激的な機会になりました。出口様の講演の『生きるから死ぬまでのトータルサポート事業は、「消費者への責任と恩返し」』、この言葉が一番印象に残りました。

【山林所有T様】

色々な話が聞けてよかった、2万円の価値はありました。ありがとうございました。古典を読むべし、との内容があったが賛成。今度はもっと深い内容を聞きたいと思いました。

 

【木材加工K様】

「会社を存続させる」という使命感を、より、強く感じさせていただいた。次回は夜の部も参加します。

 

 

さいごに

また、今年度は残り2回(12月、2月)の研究会を新大阪で開催予定です。

12月は、12月15日(土)を予定しております。

是非、今回は参加できなかった方、初めて研究会を知った方も、参加をご検討いただけますと幸いです。

研究会内容の詳細は、以下のURL(大阪・経営実践研究会紹介ページ)からご覧ください!

https://chiikino.jp/blog/?page_id=187

 

今後は本研究会のネットワークを活かした、新たな取組みも企画していく予定です。

リリースを、お楽しみにお待ちください。

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 11月 2, 2018 Under pick up, すべての記事, 経営実践研究会[国産材ビジネススクール](大阪)

津軽富士とも言われる独立峰、岩木山を御神体とする山岳信仰が古くから続く青森県津軽地方を訪問。

岩木山の北麓にひっそりと佇む巌鬼山神社にて出会いがありました。

 

それは、樹齢1000年は越えるスギの巨木。全国を巡っても、これほどの巨木はなかなかお目に係ることはできません。

またこの地は冬の積雪、寒さが厳しい環境にあるからこそ、

ゆっくりとゆっくりと、厳しい冬を乗り越え生き抜いてきた生命力に感動を覚えるのでした。

 

これからも、青い森が広がる、みちのくの終着で、
地域の人から見守られながら、静かに、しかしながら強く生き、

訪れた人に感動を与えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 火曜日 8月 21, 2018 Under すべての記事, ちいきのgraffiti~写真集~

 

全国的に暑さ続くお盆明けの8月20日(月)、

青森県弘前市は青森県武道館にて弊社代表古川が講演をさせていただきました。

今回は津軽流域林業活性化センター様主催の「林業のビジョンと地方の創生」にて、60名を越える青森県内の業界関係者の皆様に「地域独自の林業ビジョンと地方創生~これからの地域林業に大切なこと~」と題し、講演とワークショップをさせいてただきました。

 

全国の林業地、何か所訪れたことがありますか?

講演に先立ち、会場の皆様に「全国の林業地を3箇所以上訪れたことがある人!」と伺ったところ数名の方に挙手していただきましたが、他地域林業地を訪れたことが無い方も多かったため、吉野川上、信州松本、岩手岩泉など、全国の事例をいつもよりも多く紹介させていただきました。

 

孫子の言葉に「彼を知り己を知れば百戦殆からず」という一文がありますが、まさに己(自地域)を知るためにも他地域の状勢や活動を自身で見聞きすることが重要です。

 

また、他地域を知りインプットだけで終わるのではなく、良いところは素直に受け止め、真似ることも大事です。学ぶの語源は真似るにある(まねる→まねぶ→まなぶ)と言われていますが、是非地域林業のビジョンづくりをする際には、他地域の良さをと自地域の良さどのように掛け算できるか、検討してみたはいかがでしょうか。

 

弊社としましても、今後は「日本林業のおススメ視察先ランキング」を作成し、視察プランを提案していきたいと考えておりますのでお楽しみにお待ちください。

 

 

自身と自県の強みを説明できますか?

講演では、ライフシフト時代の価値観、情熱方程式、「理念」と「利益」など多岐にわたる話題を提供させていただきました。そこで、ワークショップでは、講演を参考にご自身の

・価値観

・情熱方程式

・理念と利益

を出していただきました。

 

「私の情熱方程式は、情熱=好き×好きで憤りなど無い。」

「やはり、儲かる林業が一番。もっと効率的に利益が欲しい。」

とユニークかつ正直な回答も多く、

普段はワークショップをしないという方からも、

自身の仕事を顧みる良い機会になったとのお言葉をいただきました。

 

さらに、自県の強みを出し合った際には、全国ブランドの青森ヒバをはじめ、松枯れ被害が出ていない地松があること、豊富な広葉樹資源を有することなどの自然環境の利点の他にも、「『青森』という県の名前から良い!」というまさに青森県だからこそ出てくる回答もあり、自県のポテンシャルの高さを会場の皆様と再発見することが出来たワークショップとなりました。

 

 

参加者の声

【林野庁職員 M様】

ワークショップの講評の際に、サッカースタジアムの建設事例を挙げて「森林所有者に夢を語ろう、私たちにはクリエイティブ性がまだ足りない」とお話をされたことが印象的でした。私たちにも、様々な事例からきっかけをつかむ、感性が必要だと感じました。

 

【県庁職員 N様】

「地域づくり」をいキーワードにした林業の講演は、県内ではあまり無かったため、勉強になりました。特に経済学的な視点が織り込まれた話題は非常に新鮮でした。

私自身は、①既に林業に携わっている方に対してこれからどのように所得を向上させていくか②現在林業に関連のない一般の方へ林業に対する理解を深めていただくにはどうするか、という2点を最近意識していますが、どちらにも関連のある話題で大変参考になりました。

 

【市役所職員 H様】

あまり深く考えず、講演会に参加したということもあり講演内容に衝撃を受けました。奈良県川上村における森林ツアーのお話や全国各地のフリースタイル林業の事例が参考になりました。現在の事業にとらわれず、「地域として」何をするかを考え実行し、情報発信をしていきたいと考えています。

 

【森林組合職員 Y様】

「理念と利益」のお話が印象に残りました。毎日の仕事では、理念と利益を考えつつ行っているつもりでしたが、いざ講演を受け、ワークショップで改めて考えてみると答えることが難しかったです。また、私自身も「今までこうだったから、こうやる」という固定が年が付いているので、新しい方法を取り入れていきながら、「理念と利益」を考えていきたいと思います。

 

【森林組合職員 H様】

他の自治体の事例をもっと聞いてみたいと思いました。いくつかの事例を聞く限り、やはり青森県はまだまだ林業に関して遅れているのではないかと痛感しました。私が勤務している地域は山林が多く緑豊かな所なので、自治体や私たち森林組合が主となって林業を盛り上げていきたいと思いました。

 

 

夜は別講演、「就職だけをゴールとしない、働き方、生き方とは?」

講演終了後の夜、この日はなんともう1箇所で講演をさせていただきました。

 

コラーニングスペースHeart Lighting Station 弘前様主催のイベントにて弊社代表古川と、スタッフの高田が「企業戦士から、地域戦士へ。~就職しても報われない時代に、自立と持続可能を「林業」から考える~」と題し、主に就活を控えた学生の皆様向けにお話をさせていただきました。

 

今回は、地域への愛、ビジネスへの傾倒、行動力に溢れる青森県内の大学院生・大学生・高校生が集まりました。講演後の質疑応答や懇親会では、自分の町への誇り、今後のキャリアプランについて、多数のご相談に答える機会となりました。学生以外にもお昼の講演から引き続き参加いただいた方、地元企業の経営者の方など、普段はなかなかお会いできない異業種の方にも多くご参加いただきました。

 

林業の50年、100年、1000年という時間軸、さらに素材生産以外にも多岐にわたる働き方があることを知っていただくことは、異業種の方にとっては新鮮だったようで、ご自身の業務に係る理念や利益、自身のライフスタイルに合わせたゴール設計を考えるきっかけにもなったことと思います。

 

今回の講演は、弊社代表古川の大学サッカー部時代の後輩であるT様とのご縁で実現しました。長い人生、色々な友達や交友関係がどこでどう繋がるかわからない。そんな中、この日は、高校野球の決勝前夜ということもあり、東北一丸となって秋田県代表の金足農業高校を応援しよう!と、懇親会で立ち寄った弘前市内の居酒屋では、「勝手に応援。金足優勝に向けて乾杯生ビール半額。」の特別メニューが登場していました。

改めて、地域は就職だけをゴールとしない、働き方、生き方とは何でしょうか?どこで繋がるか分からないご縁や日常の地域(故郷)の好きや憤り(原体験)を振り返ってみると、見つかるかもしれません。今回の講演によって、参加者の皆様がご自身なりの「答え」やその答えに繋がる「気づき」を得られていますと、幸いです。

 

 

さいごに

林業×マーケティング×リクルート×営業研修に係るご相談・講演依頼等は、お問合せフォームからお受けしています。ご希望の時期や内容について、お問合せフォームからご連絡いただければ幸いです。

過去の講演実績は以下のURLからご覧いただけますので、併せてご参考ください。

https://chiikino.jp/blog/?page_id=193

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 火曜日 8月 21, 2018 Under すべての記事, 講演&研修 報告

 

8月9日(木)、10日(金)の2日間は、福井県高浜町。

弊社のコンサルティング支援先である平田木材店様のインターン研修にて

インターン生へのレクチャーを実施しました。

 

今回は、インターン生は学生が2人、今月の5日(日)から6日間のインターンプログラムに参加していただきました。

また、今回のインターンシップは平田木材店様が会社設立をした昭和35年以来、初めての実施となりました。

 

 

大学で学ぶ3つのこと

大学生で学ぶこと、それは何か。

弊社では大きくは3つあるとお伝えしています。

①インプット

②アウトプット

③ネットワーク

それぞれを細かく見ていくと、

インプットは、基礎教養や専門知識です。

いわゆる講義や実習で学びえることであります。

アウトプットはレポートや論文作成です。

論理的に言葉を組み立て、他者に説明する力ですね。

そして、ネットワークは交友関係です。

大学生で築いた交友関係は社会人になった後にも続く同世代の仲間となり、共に仕事をするBtoBフレンドにもなる人が出てくることでしょう。

細かく見ていくと、まだまだ学びえることは多い大学ですが、大きくは以上の3つとなります。

 

また、大学でアウトプット、その中でも卒業論文を作成する際には、「問題意識を持つ」、「課題解決する」という視点が必要になります。しかしながら、単に問題意識、課題解決と言われても何を指標にすれば良いか分からなければ何もすることが出来ません。

そこで、PEST分析の視点を持つこと、つまりは政治的(Politics)、経済的(Economics)、社会的(Social)、技術的(Technology)な要因から分析することが重要であることをお話し、今回のような地域企業へのインターンをすることによって、それぞれの要因で実際に現実で起きていることを体験することが出来るということを説明しました。

 

 

自分をデザインする

レクチャーのまとめとしては、

「自分をデザインするための7つのこと」

をお話しました。

・自分の「①好き」と「②憤り」を知る、掘り下げる。

・自分の「③やりたい理念」と「④とりたい利益」を明確にする。

・「⑤インプット」としては、大学の座学以外にも、「人と出会い、旅をし、本を読む」こと。

・「⑥アウトプット」としては、「日記、ブログ、SNS、レポート、論文」作成を積極的に行うこと。

・そして、「⑦少しだけお酒を覚えること(地域コミュニティに入り込んでみる)」

 

皆さんは7つのこと、すぐに答えることはできますでしょうか?

実際にできていますでしょうか?

 

今回はインターン生に向けた言葉としてまとめていますが、

普段会社勤めで日々業務をしている方、

経営者で自社の現在や今後を考えている方、

どのような方にとっても共通して大事なことです。

是非一度、7つのことを書き出してみてはいかがでしょうか?

当たり前だと思っていたことは実は大事なのだと知る、もしくは新しい自分に気が付くきっかけになることと思います。

 

 

インターン生によるアウトプット(報告会)

さて、レクチャーのまとめにもありました通り、「インプット」があれば「アウトプット」が大事ということで、インターン最終日には、インターン生による報告会を実施しました。

2人の学生から、学びをフィードバックしてもらう時間です。

 

今回のインターンシップでは、地元で有名な林業家の山を見て、平田木材店様の木材仕入れ、製材、建築・設計の現場を見学するというまさに林業バリューチェーンを全て体験したということで、それぞれの現場での学んだこと、人との出会い(出会った方の言葉や想い)を報告いただき、さらには平田木材店様の今後の事業に関する提案、インターンシッププログラム自体の提案まで発表していただきました。

発表の後は平田社長、一部の社員様、弊社から感想や提案に対するフィードバックを行い、今後はフィードバックをもとに修正を加えていただいたものを1つの報告資料として提出してもらうことになります。

 

普段は学生をしている2人が現場に足を運ぶことで、社内にも

変化があったということで、平田社長からは「社内にいつも以上の活気が出た」と社員の皆様にとっても刺激的なインターンプログラムでもありました。

 

 

さいごに

地域の企業で、学生インターンを受ける(受け入れる)メリットは、就職(採用)へ繋げられる事だけではありません。

学生側からすれば、
1.初めての体験(動く、見る、聞く)ができる
2.初めての価値観(仕事観、暮らし方観とは何か)を知る

企業側からすれば、
1.受け入れるための体制づくり
2.見られる(あこがれられる)企業づくり

というメリットへとつながります。

「企業を知る、地域を知る」

 

両方をしてこそ、働きかたや暮らし方が見えるのです。
採用が大事だという中で、採用を焦る前に、

まずは企業の力をつけ、企業の魅力を作りながら、
自分たちが学生に見てもらう、知ってもらう機会をつくり、企業側も新しい価値に気付き、社員や住民の活性にも繋がるのです。

 

今回のインターンプログラムは弊社が設計から関わり、この2日間の総括まで、担当させていただきました。弊社のコンサルティング支援内容には、今回のようなインターンシッププログラムの運営、採用支援まで実施することが可能ですので、是非ご興味がある方、人事採用にお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 8月 10, 2018 Under すべての記事, 講演&研修 報告

 

(株)古川ちいきの総合研究所へインターンに来て、早くも半年と2週間が過ぎようとしていた、7月13日金曜日。今回は、業務同行ということで、朝9時に古川社長と社員の高田さんとともに、新大阪を出発しました。

しかし、この日は朝からいつもの業務同行と違う雰囲気。というのも隣にいらっしゃるのは、2tトラックを運転する古川さんだからです。そして、この後、古川ちいきの総研の仕事がどんどん何屋さんかわからなくなってくるのですが、そんなことをこの時は知るよしもなくトラックはどんどん進んでいきました。

 

 

1.慈尊院

新大阪を出発し、移動すること2時間半。ホームセンターによって備品購入後、古川さんが突然と「ちょっと寄ってみるか!」といって、トラックが着いたのは、仕事場ではなく、和歌山県は九度山町にある高野山真言宗の寺院の「慈尊院」でした。

 

「九度山町は、真田幸村ゆかりの地で有名ですが、その地名の九度というのは、弘法大師空海が慈尊院に住むお母様のもとへ月に九度通ったことに由来しています。なぜ空海が自ら慈尊院へ通われたのか。高野山は女人禁制ゆえに、お母様は慈尊院までしか来ることができなかった。空海は母が大好きだったと言われており、母を慕って、自らは母の居る慈尊院まで月に九度通われ、そのことが九度山の地名になったんだ。」

と、気が付くと古川さんに説明していただきながら案内されていました。さらに、慈尊院は空海のお母様がいらっしゃったということで、絵馬は女性を象徴した乳房型のものになっていて、「子どもが欲しい」や「乳がんを治したい」というようなお願い事をされる場所となっています。

 

そして、奥に進んでいくと階段があり、半分くらい登ったところに「町石」という石柱があります。「高野山には高野七口といって、7つの入口があり、そのうちの1つがこの慈尊院から出発するルートになっていますが、その道には1町(約109m)ごとに町石が置いてあり、高野山の壇上伽藍の大塔が0で、慈尊院の階段の途中にあるのは180町石といって最後の町石なのです。」とここでも、高野山の金剛峯寺境内案内人の古川さんが、教えてくれます。

さて、その町石を見に階段を上ったのですが、そこには意外な出会いがありました。その町石の下にはなんと宝石の様に輝きを放つタマムシがいたのです。残念ながら生きてはいませんでしたが、死して直一層の輝きを放つタマムシの姿に見とれていました。古川さんと幼少時代の子供の虫採り遊びの話題が広がり、盛り上がりました。

 

 

2.丹生都比売神社

早く今日の現場へ向かわなければと言いつつも、時間があるとのことで、慈尊院から車で約15分、次に立ち寄ったのは丹生都比売(にうつひめ)神社でした。

 

古川さんによると丹生都比売の「丹生」というのは、水銀などの希少金属が山の中にある地域で、全国に「丹生」の付く地域があるとのこと。また、丹生の付く地域には昔、丹生一族という金属を扱えるお金持ちの人たちが住んでいたそうです。

そして、丹生都比売神社に祭られている、丹生都比売大神というのは天照大御神の妹分に値し、地主の神なのです。空海は、真言密教の修験の道場として高野山を開くとき、地の神さまを祀り、敬意を払って来たのです。

そのような歴史ある丹生都比売神社の入口の鳥居をくぐると、目の前に綺麗なアーチを描いた輪橋がありました。私は今まで見たことない大きな反りに感動していましたが、それより古川さんが見ていたのは、輪橋の下の構造の部分でした。よく見ると、縦の柱は石でできており、横の柱は木でできていたのです。この木組みと石組みの融合について、ご説明された古川さん。気付けば、境内の中へと移動されていました。

 

その後、神社の奥へと入りお参りを済ませると、次はおみくじのコーナーに古川さんの姿が。丹生都比売神社には巨大なおみくじがあって、それを肩に担いで全身全霊でおみくじを引く古川さん。その姿に思わず、インターン生としてシャッターが止まりませんでした。おみくじの結果にはそっと触れずに、次はようやく本日の本題へと向かうのでした。

 

 

3.芝製材所へ

丹生都比売神社からさらに車で20分程山道を上がった先に高野山があり、高野山に唯一ある製材所、「芝製材所」様にやってきました。本日の目的は、高野山付近の観光ではなく、この製材所にありました。

 

到着するなり、目に飛び込んできたのは、約10枚が2列に重ねられた、杉の一枚板でした。木口は大体30cm、長さは2mで製材されていました。実はこの材は高野山の木。古川さんが金剛峯寺山林部・高野山寺領森林組合と共に手掛けられた、「高野霊木」です。この高野霊木を古川さん自ら、山林の土場にて一本ずつ選ばれて、直接に仕入れさせていただいたものを板材にしていただいていたのでした。

 

板をもってみると、まだまだずっしりと重たく、製品にするには乾燥が必要な状態でした。しかし、古川さんによると高野山は少し湿度が高く乾燥にあまり向いていないため、これから奈良県は吉野郡へと場所を移し、天然乾燥の準備をするということでした。朝、新大阪を出発した時から感じているいつもとは違う違和感。そうです、この板を運ぶためのそのための2トントラックだったのです。

 

芝製材所代表の芝様の巧みなロープワークにより、しっかりとトラックに高野霊木を固定していただき、製材所を後にしました。

 

 

4.奈良県吉野郡 某所へ

高野山にあるコンビニでお昼ご飯を買って腹ごしらえをしつつ、高野霊木を吉野へと運ぶべく、再び高野山の山道を降りていきます。山道はカーブが多いため、古川さんのハンドルもせわしなく回転してきます。「おお~さすが山道だな」とそのハンドルを見ていると、なんとその右手にはファミチキ、左手には赤飯のおにぎりが。山道運転テクニックと同時に素早い食事テクニックを学びました。

余談ですが、後日、別の方(古川総研のお客様)にその時の古川さんの手元の写真を見せると、左手の赤飯のみで古川さんと気づかれていました。「古川くん、このおにぎりよく食べるよね笑。」っと、この時に古川さんが赤飯おにぎり好きだということを知るのでした。

 

話は戻り、高野山から山道を下り、車を走らせること約2時間。吉野で活動をされているとある木工工房へ到着しました。この倉庫の一角をお借りして、高野霊木を乾燥させます。

 

トラックから板を運び出し、積み上げていく単純作業でしたが、まだ生木に近い状態でたっぷりと水を吸っているため、とても重重く、さらには初夏の暑さにやられ汗だくになりながらの作業となりました。しかし、なんとか古川さんと高田さんと板を運び切りこの日のメインの仕事を終えることができたのでした。

 

 

5.エピローグ

1日を思い返してみれば、古川さんは何屋さんなのだろうと混乱しっぱなしの1日でした。大学での講演や業界向けのセミナーをやっているイメージが強いのですが、今日の朝はトラックの運転手。かと思えば、昼前には慈尊院と丹生都比売神社の案内人で、原木は買い付けているし、製材所の方ともっぱら専門用語で喋っているから材木屋さんかなと思ったり、高野山から川上村へと木材をトラックで運ぶからやっぱり運送屋さんだったり、でもトラックの中で話していることは運んでいる材の立米単価の話や林業ビジネスなどの会計・経営にまつわる話で、やっぱりコンサル屋さんなのかと再認識したり。

 

様々な方が古川さんに「何をされているんですか?」と質問をされるシーンをこれまでのインターンでよく見かけてきました。

経営コンサルタントではありますが、今回の1日を過ごし「1日中密着して、その目で確認するのが面白いですよ。」と私なら言うだろうと思うのでした。

さて、今日も古川社長は、オフィスにいません。今日の古川さんは一体どこで何屋さんになっているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 火曜日 8月 7, 2018 Under — インターン生奮闘記, すべての記事

 

 

異例のコースをたどる台風が東から近づく7月28日(土)、

新大阪にて今年度第2回の大阪経営実践研究会を開催しました。

 

今回は、以前兵庫県の工務店様のご依頼で実施した講演会にご参加いただいた工務店(設計・施工・リノベ/デザイン)の代表に講師としてご登壇いただきました。

また、当研究会に長くご参加いただいている工務店の社長さまの息子様も初参加され、いつもとは異なる雰囲気も相まって盛り上がり、お互いを顔を合わせながら密な内容のディスカッションを行うことが出来る研究会となりました。

 

今回のメニュー

【1】各社近況報告

【2】初参加者ご紹介

【3】ちいきの総研より近況報告

・ちいきのインターン生より1ヵ月の活動報告

・農業土木の視点から考える水害復興

・不動産マーケットの今後の変化 他

【4】特別ゲスト講演

【5】参加者プレゼン

【6】ディスカッション

【7】ちいきの総研より情報提供

・今月のマーケティング報告

・ちいきのカルチャー(おすすめ本)

【8】まとめ

 

 

ゲスト講座

皆様は自身が暮らす地域の独自性を説明することが出来るでしょうか?

また、工務店の方は特に、施主様にご満足いただける商品を届けることはもちろんですが、「まちづくり」の視点で業務に取組んだことはあるでしょうか?

・地権者はどのような動きをしているのか

・地理的に他のどの行政区と繋がりが強いのか

・祭りなどの地域行事は、どのようなものがあり、参画者はどう参画しているか

・もともと地場にどういった産業が強いのか、どういった技術を持つのか

といった政治、経済、社会面の情報を現状と過去の歴史から掘り下げ、なぜこの地域なのか、この地域の顧客はどのような暮らし方をし、ではどのようなビジネスを展開しなくてはいないのか、を明確にすることで、自社の理念と利益も考えることができます。

また、ゲスト登壇いただいた工務店の代表からは、

「先義後利・三方よし」

「やれないことを考えるのではなく、やれる方法を考える」

といった社是をもとに、多くの事例と合わせてご紹介いただき、会場からは、活発な質問が飛び交い、講演では終わらない、自分たちの地域のまちづくりを「ビジネス視点」「くらし視点」「地域材利用視点」といった、より深いディスカッションへと繋がりました。

皆様も一度、地域独自の政治、経済、社会、技術を見直し、自社の経営に活かしてみてはいかがでしょうか。

 

 

情報提供

・「出版5周年プレ祝い『森ではたらく!』14人の仕事リレートーク」(7月15日に東京で開催、主催:学芸出版社)

・紀伊半島半周×2回の旅

・不動産マーケットの今後

・日本の農業土木と水害復興

など、1ヵ月の弊社活動の報告と合わせ、最近の業界動向や自然災害から見る日本の土木技術の情報をご提供しました。

また、1ヵ月の活動報告はインターン生から発表させていただきました。現在弊社では3名の学生インターン生が活動しており、業務同行、弊社メソッドのレクチャー、研究論文作成のアドバイスなど個々に合わせたサポートを行いながら、今回のように皆様の前での発表の場も設けています。

 

さらに、現在はコンサルタント業務の一環で他者様のインターンプログラムの作成サポートなども行っておりますので、これからインターンを取り入れたい方、弊社のインターンに興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

さいごに

今回は、台風の影響で出席できない方もいらっしゃいましたが、

今回のように急遽会場までお越しできなくなってしまった方に、当日動画配信サービスを行えるよう準備を進めております。また、今年度は残り3回(10月、12月、2月)の研究会を新大阪で開催予定です。

是非、今回は参加できなかった方、初めて研究会を知った方も、今後の配信サービス提供も合わせて、参加をご検討いただけますと幸いです。

研究会内容の詳細は、以下のURL(大阪・経営実践研究会紹介ページ)からご覧ください!

https://chiikino.jp/blog/?page_id=187

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 土曜日 7月 28, 2018 Under すべての記事, 経営実践研究会[国産材ビジネススクール](大阪)