昨年度に引き続き、京都府立林業大学校「経営高度化コース」の講座を弊社が務めさせていただけることになりました。

 

平成最後の経営高度化コースでありますが、今回、1月25日(金)は全5回を予定している本コースの第1回目の開催ということで、和知(京丹波町)にある京都府立林業大学校を訪れました。森林組合をはじめ、林業事業体から参加された15名の受講者と実践を交えながらマーケティング、マネジメントをはじめとした「経営力」を学ぶことに特化。確かに、2019年は、森林経営管理法案(森林環境譲与税)等が話題をさらっておりますが、この森林経営管理法の経営然り、森林経営計画の経営然り、この「経営」とは何か。本来あるべく本質的な「経営」とは何か。異業界で当たりまえの経営力というものをどう捉え、どう我々の自力として付けていくか、それが、経営高度化コース(社会人コース)で重視をしているところであります。

 

全5回の概要は次の通りです。

===

第1回:マーケティング基礎(課題解決、価値創造)

第2回:マーケティング応用(広報広告、販促営業)

第3回:マネジメント基礎(経営管理、組織運営)

第4回:マネジメント応用(人材育成、日々練習)

第5回:まとめ(プレゼン発表)

===

特に、第3回、第4回は昨年度の経営高度化コースには無かった項目であり、より組織、人材等に特化した内容となっています。(今後の本ブログでの開催レポートをお楽しみに!)

 

さて、それでは今回の講座内容を少しご紹介です。

 

 

マーケティング=的を絞る

初回ということで、参加者の皆様から自己紹介をいただき、弊社のビジョン、弊社の事業紹介等をした後にマーケティング基礎として、3C、消費の3要素、地と図の関係(ライフスタイル)をクイズを交えながらご紹介しました。クイズをやることで自らが考え、自分で書き、反芻します。これらのビジネスフレームを知ることで、自社の経営がスムーズになり、課題が明確になっていきます。

 

そこから、企業経営とは何か、マーケティングとはそもそも何なのか、マネジメントとは何かを紐解いていきます。誰でもわかるように説明していくのが売りだえる本講座。まず、マーケティングとはニーズを見極め的を絞り、顧客創造(獲得)をするこになります。そして、その顧客創造のためにも、自社の「やりたい理念」と「とりたい利益」を明確にし、商品サービスを規定し、商圏を定めるということが重要になってきます。この業界、売り先の売り先は分からない木材。売ったら終わりという木材。これでは絶対に利益が生み出されません。

 

また、自社の競合、業界の競合はどこかを知ることも重要です。ライバルは時代によって変わります。現在は、スマートフォンが普及し誰もが瞬時に情報を得られる時代です。多くの消費者が、スマホと向き合っている時間がいかに多いか。であれば、ライバルというのは隣の製材所(木工所)というだけではなく、顧客が多くの時間を割いて使っているスマートフォンの時間がライバルであり、顧客の時間をどうやって獲得するかということが大事になっているともいえるのです。木のある空間、木のある時間、森と共に過ごす時間、非日常の創出、見込みのお客様といつどこで出会うかを計画していくことが肝要です。

 

今回の講座では、自社にあり、他社になく、顧客が求めている、自社の「強み」となるものが何なのかを見つけることが重要であることをまず、ワークショップを通して、参加者の皆様には学んでいただけたことと思います。また、改めて、林業業界の「顧客」の定義が重要になります。確かに、顧客の種別(カテゴリー)が多様な、森林組合や林業事業体。単に、丸太を各種販路に売るだけではなく、山林所有者とのコミュニケーションも顧客管理の一つです。得意な顧客カテゴリーに、特異なサービスを「お客様へ」と提供する。そこからがスタートです。

 

 

経営理念、戦略、戦術、戦闘

皆様は、自社の

①理念(ビジョン、ミッション、社是、社訓 等)

②戦略

③戦術

④戦闘

の4つを説明できるでしょうか?

社員の皆様は特に、理念(ビジョンやミッション)について、説明することが出来るでしょうか?

 

貴方の組織は何の為にあるのか?

貴方は何の為に働くのか?

 

これまで何度も業界関係者の集うセミナーで、弊社代表が登壇の機会を頂いてまいりましたが、

おそらく全てを説明できる方は1割程度しかないといったところだと感じております。

ビジョンは、理念、コーポレートメッセージ、夢、ミッションに現れ、

戦略は目標(ビジョンに沿った数字)、

戦術はマネージメントであり何を作って売るか、どう作って売るか、

戦闘はオペレーションであり日々の実務実動(製造、販売など)を示すことを「有名企業の事例」や、弊社コンサルティング先の「業界の事例」を具体的にお伝えしながら、受講した皆様に経営のヒントを提供いたしました。

 

なお、今年は、毎回宿題があります。

必ず、その宿題が自社の課題解決に直接反映さえるように工夫した講座を展開しております。

 

現在、全国で20近い林業大学校が設立されています。常々思うのが、受講生のマーケット(希望人数)と、卒業者のキャリアとのギャップがどうあるか。各地がドメスティックに各都道府県だけで囲むのではなく、本当にあるべく林業事業体(カッコイイ林業事業体)の創造とその持続的な発展を支援することで、「学校」の意味が明確になります。林業の持続性、経営の持続性、人材の募集と内的発展については、日々の経営努力の先にあると思われます。楽しく、厳しく、講師側ではありますが、受講者様と共に、よき未来が創造出来れば幸いです。あと4回、よろしくお願い申し上げます。

 

 

参加者の声

【K森林組合 O様】

「経営のルールを理解しないまま、経営に手をつけることは、運転免許を持たないまま車を運転するのと同じである」という言葉が印象に残った。マーケティング、マネジメントの考え方や実践方法などを今後学びたい。そのためにも、もっと実例を知りたいと感じた。

 

【H森林組合 I様】

経営理念から考える戦略、戦術を自組合でも考えていきたい。そのためにも、どのように職員全員に理念を広めていくかを深堀していきたい。また、今までの組合の考え方を変えられるようなことを5回を通して学びたい。

 

【F森林組合 S様】

消費の3要素は初めて知り、顧客に求められているものを知るということに対して印象が残った内容であった。様々な企業のロゴマークやコーポレートメッセージ事例を見て、自組合でもロゴマークや、コーポレートメッセージを作りたいと感じた。

また、残り4回の講座を通して、森林所有者、森林組合、行政の関わり方や、地域にとって森林組合の意義とは何なのかを学んでいきたい。

 

【林業事業者役員X様】

自分は、経営力に自信があったが、改めて、何の為に林業をしているか、その理念(ミッション)=自分の言葉が足りなかったことが、強く身に染みた。これがあると、人材育成、営業拡大も見えて来る。今日は、楽しかった!

 

【木材関係業者 N様】

自社の顧客を改めて洗いだし、何が顧客のメリットなのかを根本的に考えていきたいと感じた。また、これからの講座を通して林業・木材業にマーケティングを落とし込む方法を学びたい。(もっとたくさんの民間事業体に、是非とも、参加してほしい!!)

 

 

終わりに

2019年に入り、新庄村でのワークショップ、長野県でのフォーラム登壇、今回の京都府立林業大学校の講座と、今年もありがたいことに既に全国各地で講演のご依頼をいただいております。

講演のご依頼やご相談等ありましたらお気軽にご連絡ください。また、これまでの各地での講演については以下のURLからご覧いただけますので是非ご覧ください。

https://chiikino.jp/blog/?page_id=193

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 1月 25, 2019 Under pick up, すべての記事, セミナー報告, 未分類, 講演&研修 報告

 

 

1月21日、長野県安曇野市もくりゅう館にて、

森林フォーラム「これからの森林経営と林業創生を考える~マーケティングの視点からみた林業創生と人材育成~」が開催され、

弊社代表の古川が講演を致しました。

 

長野県は県の面積に対し、森林が占める割合が実に78%に相当(高知、岐阜に次いで全国3位)する日本有数の森林県。「日本のへそ」とも言われる長野県はまさに「林業の中枢」を成しております。

 

今回の講演では、総勢100名近い行政、森林組合、民間林業者の方々にお集まりいただき、「マーケティング」という視点からの林業創生、活性化について学んでいただきました。

 

開催挨拶 長野県林務部長 山﨑様より

 

長野県林務部長 山﨑様より開会のご挨拶。

来年度よりはじまる森林経営管理法、森林環境税についてお話いただき、、年々関係が希薄となっている「森林」と「所有者」の問題を解決する一手として、長野県も多くの人が森づくりに参画しながら、森を活かす支援をしていきたいという力強いお話をいただきました。

 

古川講演~持続可能な経営マーケティングとは~

 

 

弊社代表 古川よりマーケティング視点での森林経営についてお話をさせていただきました。

 

トータル林業、フリースタイル林業

 

「林業者は業界を知りすぎてしまっている」

前例踏襲、仕方ない、こういうものだろう…

衰退が続く林業業界の根底にはこうした呪縛が存在するのではないでしょうか。

 

既存の枠組みに囚われない「フリースタイル林業」「トータル林業」で良いじゃないか。

 

例えばラーメン業界を例にあげると、「醤油ラーメン」もあれば「味噌ラーメン」も「塩ラーメン」もあるわけで、

経営者(店主)が好きなものを表現した結果、その集合体としての「ラーメン業界」が存在し、林業もまたいろいろな形があって良いということをお話させていただきました。

 

既存の素材生産という枠組みから、加工・販売、異業種とのコラボレーション、引いては地域づくり・コミュニティづくりまでを含めて「林業」と定義づけすることでマーケットも広がり、新たな業界の可能性が拓けてくるのではないでしょうか。

 

マーケティングとは

 

企業の倒産理由の66%は「販売不振」によるもの。

マーケティングの父フィリップ・コトラーはマーケティングのコンセプトを以下のように説いております。

 

‐今日のビジネス界が直面している中心問題は商品の不足ではなく、顧客の不足である。

‐マーケティングとは企業の顧客製造部門である。

‐マーケティングの目的は販売(セールス)を不要にすること

‐マーケティングの対象は3つ

①よい顧客

②よい資金(投資家、ファンド、金融機関)

③よい人材(社員、パートナー)

 

販売不振、物が売れない理由を考える時に、自社の商品やコストについて考える視点は当然重要ながら、

商品を買うのは「顧客」であり、自社の製品・商品が「過剰生産」となっている視点に立ち返り、「顧客を創造する」というのがマーケティングの基本的な考え方です。

 

さて、林業の世界における顧客とは。

原木市場?製材工場?バイオマス工場?山林所有者?行政(補助金)?

既存の販路では顧客の数は限られ、パイの奪い合いでは限界がありますし、各事業体、戦略によって異なるもの。

前述の通り、「トータル林業」「フリースタイル林業」の視点を持ち、新たな市場を創ることは、すなわち新たな顧客を創ることに繋がります。

 

経営とは?価値観とは?

 

「経営が分からずに事業をやるのは、運転の仕方を知らずに自動車を運転することに等しい」

 

「事業を営む」と「会社を経営する」は決して同義ではないのですが、多くの林業経営者の方々は素材を生産し、

木材を卸す事業=経営とはき違えてしまっているケースが多く存在するように見受けられます。

 

「経営」という土台があり、その上に「事業」は成り立ちます。

資金調達、運営管理、マーケティング、財務会計、情報収集、人事採用…

経営の要素は多岐に渡りますが、これらを理解せずに事業を進めることは、運転の仕方を知らずに自動車を運転すること、無免許運転(違反)に等しいのです。

 

そして、会社経営の礎を創るものは「理念」であり、「理念」を創るものは経営者の「価値観」であり、「情熱」。

情熱とは「好き×憤り」の方程式、そして自身の過去の原体験から生まれるものです。

 

「好き」は持続的に人や物事と向き合い続けることのできる動機付けとなり、

「憤り」は行動を起こすため、課題や試練と立ち向かうためのエネルギーとなります。

 

自身の持つ「情熱」を「理念」に。

そして、その「理念」を「経営」に。

 

産出額、市場規模について~長野県の林業の実態を知る~

 

会社経営をする上で、自身の業界を知る、地域の現状を知るという視点が非常に重要です。

「長野県の木材生産の産出額知ってますか!?」という問いかけに対して、会場では首をかしげる参加者も多く、業界の現状を数値でご紹介させていただきました。

■日本

【産出額】

林業生産額 4405億円(木材生産2135億円、栽培きのこ類2270億円)

漁業生産額 1兆236億円

農業生産額 9兆3053億円

【比率】

林業(原木)1:漁業5:農業44

■長野県

【産出額】

林業生産額552億(木材生産46億、栽培きのこ類506億)

農業生産額2,420億円

【比率】

林業(原木)1:農業53

※平成28年度 農林水産基本統計データより

 

数値で見ると改めて林業という市場が他の産業と比較し小規模であることが分かります。

重要なのはこの数値を見て、林業経営者がどのように受け取り、行動を起こすか。

 

数百年、数千年前から私たちの生活と密接に関わってきた森林。

数十年、数百年の時間をかけ先人たちの想いを継ぎ、育ててきた木。

これが大手企業1社の利益で回ってしまうという現実。

 

改めて業界を知るということが、前述の「憤り」にも繋がるのではないでしょうか。

 

平澤林産有限会社 平澤様 ~社内教育、安全管理の徹底~

 

小休憩をはさみ、第二部のパネルディスカッションでは、

長野県伊那市の林業経営者、平澤林産有限会社の平澤社長より自社の経営についてお話頂きました。

 

「林業において最も重要なのは無事故であること。事故が平然と起こるようであれば、林業なんてやらない方が良い。」

 

林業における労働災害の件数は他の産業と比較して、圧倒的に高く、平成29年度では約40人の方が命を落とされています。

(林野庁ホームページより:http://www.rinya.maff.go.jp/j/routai/anzen/iti.html

 

県内一の社員教育の徹底を自負されている平澤林産では、安全管理に対する教育が徹底されており、この10年で起きた事故は1回。

(※打撲程度の軽い怪我のみ)

林業は、マーケティング第一ではなく、あくまでも、一番はやはり安全性であります。

そんな平澤林産様は、安全管理のみに限らず、社員に憩いの場を提供したり、またドローンを活用し安全かつ効率的に森林調査を行う等、活発に取り組まれており、パネルディスカションの前にご講和をいただきました。

 

「社員の環境整備(安全管理、教育、育成)が整っている会社が最後には勝つ!」と力強い言葉。そして、

平澤社長の強い理念、前述の「経営」という土台を意識して事業を営んでいることが強く伝わってきました。

 

 

パネルディスカッション~弊社代表 古川より~

 

パネルディスカッションでは古川より講演内容にあった「経営」「マーケティング」という考え方の具体的なアクションについて、

詳しく解説をさせていただきました。

 

まず経営にはいくつかのフレームがあり、それを知っているかどうかが重要であり、4つ、5つで構わないので、

経営者が自分事化でき、自社に当てはめることのできるフレームを知っていることが重要になります。

 

例えば「3C(顧客:Custmer,自社:Company,競合:Competitor)」というフレーム(考え方)があるが、それだけで自社の「強み」は見えてきます。

 

3Cのうちのひとつ、競合(ライバル領域)を考えた時、

例えば、林業では、A材、B材、C材というが、A材(製材用)のライバルは外材だけでなく、より広義的な見方をすれば鉄骨でもあるわけです。

 

B材(合板用)も、C材(チップ用)も、ライバルは異素材にもあるはずで、ライバルがどこにいるのか、

この視点を自身の業界のみの狭義的な視点で見るのではなく、異業種・異業界も含めた広義的な視点で捉えることが市場で生き残ることに繋がっていきます。

 

最後に、経営とは理念と利益の設計力。

マーケットニーズをとらえ、ライバルにない独自の商品力(製造力、サービス力)…

そして、それを売るための販促(広報、広告)、営業力(提案、対人)…

また、それらを、実行していく人材と組織(チーム力)、財務(資金繰り、管理会計)、固定客化…

そして、それを日々廻していく目標設計力とPDCAマネジメント。

 

これらは独立したものではなく、全部一緒であり、これが繋がっていなければ正しい経営とは言えません。

もし一部ができないのであれば、誰かに託す、任せる、委託するといった手段を取り、経営者自身が勉強し、自分の力にしていくことが必要です。

 

それこそが経営であり、どの業界・業種でも変わることはありません。

 

参加者の声

 

・情熱=好き×憤り、まさに記憶に残りました。生ける「シカバネ」にならないよう、いつまでもある程度の情熱は以て続けていきたいものです。

 

・経営意識と事業管理に関して、フォレストリーダーを通して、教育していく必要性を感じました。

 

・生産性とマーケティングの話はもっと聞きたい。まずは、顧客がどんなことを望んでいるか、洗いざらい出してみたいと思います。

 

・価値観を作るものが何か、考えさせられました。理念と利益。まさに、やはり補助金からの脱却がテーマです。

 

・運転免許がなく自動車を運転するがごとくという話にあったが、経営の事を知らず、林業の事を考えることがいかなる誤りかを知った。改めて、何が他の地域と違うのか、他の森林とどう違うのか、掘り下げたい。

 

・行政的に選定するとそうはならないでしょうが、「顧客が評価すべき!」という見方は良い!顧客が事業体をしっかり選び、委託できれば、それがより良い!

 

・まさに、経営感覚を持った社員の育てる方法、経営感覚が低い経営を変える方法をもっと知りたい。

 

最後に

 

今回のフォーラムでは大変多くの方々にご参加いただき、林業経営について学び、考えていただきました。

衰退産業と言われる林業界ですが、まずは「経営」を知り、業界を知り、異業種にもアンテナを張ることで、新たな市場を創造し、新たな顧客を獲得することが重要です。

 

現在、衣料品や雑貨のセレクトショップで有名なBEAMSが牛乳石鹸共進社とコラボレーションし、衰退が続く東京都内の銭湯の活性化のイベントを開催しております。

(BEAMSジャパンHP https://www.beams.co.jp/company/pressrelease/detail/311

 

「アパレル×銭湯」

まさに既存の枠組み、業界の垣根を超えた取り組みです。

 

「林業×〇〇」の無限の可能性を模索しながら、全国の林業地域活性化のための支援を今後も続けて参ります。

 

林業×マーケティング×リクルートに係るご相談・講演依頼等は、お問合せフォームからお受けしています。

 

ご希望の時期や内容について、お問合せフォームからご連絡いただければ幸いです。
過去の講演実績は以下のURLからご覧いただけますので、併せてご参考ください。
https://chiikino.jp/blog/?page_id=193

 

Posted by wpmaster on 月曜日 1月 21, 2019 Under pick up, すべての記事, 講演&研修 報告

 

大阪より中国道をひた走ること約3時間。岡山県の北西部、鳥取県の県境にその村はあります。岡山県真庭郡新庄村。

日本で最も美しい村連合(http://utsukushii-mura.jp/)にも加盟するその村の雄大な森は美しく、なだらかな清流は優しく、そこで生きる人たちは温かい。人口約900人のこの村はかつて、山陰・山陽をつなぐ出雲街道の宿場町として栄え、歴史的な建造物が今もなお残り、非常にのどかで優しい田舎風景が残る地域です。日露戦争の戦勝記念に植樹されたという「がいせん桜」と名を冠した桜の名所として、春は桜花爛漫の景色が広がります。

 

弊社としては、代表古川と長くお付き合いのある関係者からご縁をいただき、昨年より新庄村の森林・林業に係る基礎調査及び地域戦略策定として村内の基幹産業を軸とした村づくりの一端を担う事業を新庄村役場や村内関係者の皆様と進めております。

今回の事業では、「村づくり」が1つのキーワードとなるため、林業だけではなく、農業、観光、福祉など村内外の関係者から広くアイデアや意見を集め、皆様と共に成果を生み出していくべく、2019年、1月10日、まだまだ正月明けの松も取れぬ忙しい時期に、総勢15名の参加者と共に、新庄村役場中央公民館にて、勉強会・ワークショップ「第一回新庄村林業活性化による地方創生勉強会~メルヘンの里からアップデートせよ~」を開催しました。

役場職員の方々をはじめ、県の森林課職員、森林組合、民間企業の方々と新庄村の地域づくり、山林に関わる多種多様な皆様が一堂に会し、「新庄村の強み」について語り合いました。

 

 

 

強みとは?・・・新庄村とは?

 

弊社代表の古川より、自己紹介、会社紹介を交えつつ、「理念と利益」「課題解決より付加価値」「地域とブランド」についての基本的な考え方をお伝えし、新庄村の強みについて参加者の皆様に考えて頂きました。

強みとは「自分たちが出来て、お客様にも求められていて、他人には真似出来ない」こと。

自分たちの住む村の強みを考えていく上で、マーケティング戦略を考える際のフレームワーク、いわゆる「3C(顧客:Custmer,自社:Company,競合:Competitor)」の考え方を参加者の皆様にクイズ形式で学んでいただきました。クイズにすることで、判ったつもり、知ったつもりがなくなり、腑に落ちるように弊社オリジナルの解釈をいくつか提供しつつ、自分事化していきます。

ひとつに、このクイズでは、
‐「売り物(商品/サービス)」や「売り方(販促/営業)」を強化する思考パターン(自社:Company)
‐「顧客ニーズ」「顧客満足」を把握する思考パターン(顧客:Customer)
‐「競合」を排除する、あるいは包み込む、連携するという思考パターン(競合:Competitor)

 

上記のようなクイズにより、地域における、自分における、マーケティングに関する思考パターンが分かります。

 

人や社会に求められ、かつ他の地域には決して真似することのできない、自分たちの地域のオリジナルにこそ、強み、勝機があるということを体系的に学んでいくわけですが、3Cのマーケティング思考は、その先がポイントであります。それは、地域発、地域内の関係者発による林業(地域)活性化を目指すための基本ワークであり、地域の方々と共に帆走しながら進めてきた全国のプロジェクト事例を合わせて紹介することで、オリジナルのコンセプトを作り出し、自らの行動の源泉(誇り)にしていくことが肝要です。

さて、3C分析の考え方を学んだ上で、実際に新庄村の強みについて参加者の皆様に意見を出し合って頂きました。

 

 

ワークショップ~私たちの強みとは~?

 

5名3班に分かれ、参加者の皆様には、大きな模造紙に新庄村の強み、良さを付箋紙に書き出してもらい、グルーピング、ネーミングをつけてもらいました。出てきたキーワードとして、「がいせん桜」「ブナ林」「野生動物」「水源」「トレイルラン」といった自然環境・地域環境に関わるものが非常に多く、住民・関係者の共通の誇りとして認知されていることがよく分かりました。

また、必ず皆様が書かれていたのが、地域の特産品である「ひめのもち」

こしが非常に強く、優しい甘みのあるお餅。新庄村では昭和58年から生産がはじまり、ふるさと納税の返礼品としても多くの方々から高い評価を得ており、地域が誇る逸品ですので、是非、一度ご賞味くださいね。

おもしろ回答としては「〇〇さん!」「〇〇所長!」といった地域住民の固有名詞が登場している班もありましたが、実はこれが大事なのです。企業経営で戦略を考えるとき、経営資源の最適配分(選択と集中)という言葉がありますが、地域は「人」が少ない。いや「人」こそが資源(地域の強み)であるのです。それを堂々と言える環境作りこそが地域づくりの醍醐味であり、重要であり、またそこに外部資本・外部人材の掛け算をすることで、内発的発展をしていくというところが、地方創生の大上段を構える手前で大事なこととなります。

さて、ワークショップの方は、水生昆虫の具体的な話題もでてきて、盛り上がりまして、まだまだ何か発想が出てきそうな予感…そんなところで一時小休憩・・・。

 

 

他地域の事例に学ぶ~憧れは実は既に存在しているもの?

 

小休憩を終え、後半は弊社が支援を行った(行っている)他地域の事例を紹介。

今回の勉強会で最も参加者された方々の興味、集中、熱気を感じた瞬間でもありました。どのようなプレイヤーが地域にいて、どのような理念を持ち、潜在的な想いを形あるもの、価値あるものとして創り上げていったのか。3Cの要素を意識したワークショップの後だったからでしょうか。他地域の「強み」と自分たちの村との違い、また自分たちがワークショップで「強み」と思っていたことが、実は他地域にもあるのでは…そんな意識を持ち、話を聞く参加者の皆様の真剣な後ろ姿がとても印象的に残りました。そして、3Cにより、周りを見て、比較を一度することにより、ゆえに自分たちの地域の「強み」からこそ、「誇り」がうまれるものであり、自分の地域への愛着が産まれてくるものです。

 

 

ワークショップ延長戦!~まだまだあるぞ!私たちの村の強み!~

 

他地域での事例を聞いた上で、改めて自分たちの強みについて考えていただきました。

他地域の言語化(図式化)された「理念」に触れることで、見えてくる自分たちの強み。
そこに住む人にしか分からないオリジナリティ溢れる回答が続々と出て参りました。

「現役で長寿の人が多い」

「ローカルルール、人を許す器、心の豊かさ」

「チャレンジするフィールドが提供できる」

「花粉症患者が少ない」「この地域の人はDNAが特殊なのではないか」(笑)

そう、「羨ましい」や「憧れ」というものは、自分に無いものを憂う感情ではなく、実は元々持っているものを輝かせたい、もっと磨きたい、そんな気付き・渇望感から生まれるものなのだと思います。実は多くの方が気付いていないだけの素敵な魅力が、新庄村にはまだまだありそうです。

 

 

改めて数字で見る私たちの村~地域調査フィードバック~

 

最後に弊社高田より、新庄村の地域調査結果として、山林に関する市場の推移、全体の市場から見た岡山県、新庄村の林業・木材流通の現状と課題について発表しました。自分の住んでいる地域、自身が生業としているものを「数値」で見ることによって、ワークショップで見つかった強みと照らし合わせ、「本当にそうなの?」「もっと活かせる方法があるんじゃないの?」と新たな可能性を探る興味深々な参加者の姿が印象的でした。弊社として、どの地域をご支援していても思うところでありますが、林業のデータを林業界の人だけが知っているのではなく、地域の人が知ってほしい情報として、どう地域内循環・加工するべきかが、活性化のポイントであり、改めて、開かれた「集まり(コミュニティ)」の必要性を再認識いたしました。

東京が東京であるのは、人の多さではない、閉じていないということだ。

地域が過疎であるのは、人の少なさではない、閉じてしまっているということだ。

 

古川の講演でもよくお伝えする内容ですが、改めて、「外部」と「内部」のコーディネーターとして、地域の連綿たる想いを形にするというお手伝いをさせていただき責任を強く感じるとともに、懇親の場も別途にご用意いただいたことも改めて感謝とお礼とを申し上げます。

 

参加者の声

・森林組合職員 S様
「近隣の市からも、村民に何か還元できるような働き方をしていきたい。」

 

・地域おこし協力隊 T様
「ワークショップを通じて、町づくりは、自身一人だけではできないことを知れた。
私自身は都会に住んでいたことの方が長いので、外からの支援方法を自由に表現できる形をつくっていきたい」

 

・森林セラピー I様
「新庄村に来て長い時間が経っているが、山は大きく豊かになっている。しかし災害も多くなっているので、心配でもある。どのように森と関わるかをこれからも考えていきたい。」

 

・森林セラピー T様
「ワークショップを通じて、これまではダメなところに目が向きがちであったが、新たな良さに気づくことが出来た。森を使って子供たちとふれあう他地域の事例を習って、参考にしていきたいと感じた。」

 

・森林組合職員 S様
「一人一人の違う言葉、感情を大事にしたいと思う、まさに参考になった勉強会だった。品質基準の徹底だけでなく、商品のデザイン、言葉のデザイン等の重要性を学びながら、林業と改めて向き合っていきたい。」

 

・県職員 I様
「森林環境税導入等の時代の変わり目、数十年経ち、林業を取り巻く状況は大きく変わっている。不安もあるが、その中で県として・市として・村としてどのように連携し、一緒に考えていくかが重要で、多種多様なプレイヤーの集まる場は貴重だと思う。」

 

・民間会社 Kさん
「このような機会は、過去に村では無かったので、本当にありがたい。今回、他地域の取組を参考に、ゆえに、オンリーワンを目指したい。まさに、フロンティアとしての最初の一歩が踏み出せた。」

 

・県職員T様
「他地域の事例紹介を聞き、是非深掘りしていきたい。林業と異業種のコラボにも可能性を感じる。」

 

・民間会社I様
「地域によって、素材の使い方(出し方)が異なることが勉強になった。今後のワークショップを通じて、まずは、良い共通言語(キャッチフレーズなど)を創っていきたい。」

 

 

閉会の挨拶~中村副村長より

 

最後に中村副村長より閉会のご挨拶を頂きました。

「何が地域にとって一番合っているかは、意見を出し合ってみないと分からない」
「地域ごとに特色があって良い。1つずつ議論を交わし、まず参加者が『気付く』ことが重要である」

 

地域づくりはゴールがあるようで、見えにくい部分がある中で、また、目標や期限を明確にトップダウンで決められてしまうと、持続性のないカタチになりがちですす。

 

地域の事を、自分たちで、やってみることが大切。

「いわゆる植林、造林で、こうなってほしいと実際に育てていても、1年、2年、また、次の間伐まで、思うように育っているかどうかはわからない。その時になってまた考えて動く、動きながら考えていく。林業もワークショップも一緒で、それが大事なんです。第二回もありますが、皆さんからアイデアを出し合って、動いていければと思いますので、次回からもよろしくお願いします。」

 

中村副村長の言葉と参加者の皆様の姿勢に、村としての一体感ある空気が流れていくのを感じました。

 

最後に

地域の成功事例が、また他の地域を創る礎となり、相乗的に、広く循環し、自立した地域同士が1つの輪となり、社会をつくる。

 

「オンリーワン」「オリジナリティ」「差別化」

これからの時代を生き抜くため、勝ち残るために必要な要素ではありますが、これは手段であり、目的は自分たちの地域の持続性は元より、社会が持続していくこと。

 

「〇〇も良いけど、新庄村も良いよね!」

そんな声が溢れるよう、今後もワークショップを通じて、より多くの人や地域に認知され、村民が心から誇れる「新庄村」であるよう、支援を続けて参ります。

 

第二回勉強会・ワークショップは、2月13日(水)に開催します!テーマは、前回の「強み」とは何か活かし、「マーケティングの基本(何をどこにどう伝えるべきか)」と「お金と正義の話」を中心としたワークショップです。理念なの?利益なの?そこに踏み込んでいきつつ、より多くの参加者の方の声から、新たな新庄村の可能性を探れる場となりますように。新庄村民の方はもとより、住民ではないが、新庄村の為に何かやりたい!という方がいらっしゃいましたら、是非、弊社の問い合わせページより、ご意見を多数いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 木曜日 1月 10, 2019 Under pick up, すべての記事

 

 

間もなく2018年が終わります。

今年は「平成最後の○○」という言葉がついて回る一年でしたが、

皆様にとってはどのような1年だったでしょうか。

 

 

今年も弊社では、「日経トレンディ」が発表している、ヒット商品ランキングの公開に合わせ、

弊社の独断と偏見で作成した、林業・木材業界のトレンドニュースを発表します!

 

とその前に、2016年、2017年の林業・木材業界をまだ見ていない!、見直したいという方は、

以下のURLリンクからご覧ください。

===

2016年林業・木材業界のトレンドニュースはこちら⇒https://chiikino.jp/blog/?p=6870

2017年林業・木材業界のトレンドニュースはこちら⇒https://chiikino.jp/blog/?p=9016

===

 

それではまずは、2018年の「日経トレンディ」が発表したヒット商品をご紹介。

https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00064/00001/

(詳細は、日経トレンディWEBサイトから ↑ )

 

1位 安室奈美恵

 

2位 ドライブレコーダー

 

3位 ペットボトルコーヒー

 

4位 ZOZO

 

5位 グーグルホーム&アマゾンエコー

 

6位 漫画 君たちはどう生きるか

 

7位 aibo

 

8位 ケーブルバイト

 

9位 本麒麟

 

10位 NONIO

 

 

ちなみに、一昨年の1位はポケモンGOということで、弊社選定は、新国立競技場の設計が決まった隈研吾~さん!そして、昨年の1位はNintendo Switchということで、弊社選定は、秋田のスギッチが引退!というニュースとなりましたが、今年は9月に引退された平成を代表する歌姫、安室奈美恵さん。まさに平成最後のトレンドを飾るにふさわしいランキングになったのではないでしょうか。

 

さて、今年のヒット商品、皆さんはいくつ知っていましたか?

実際に買ってみた商品はいくつあったでしょうか?

 

それではお待ちかねの

2018年林業・木材業界のヒット商品ランキングの発表です。

 

 

 

 

 

第10位 AROMA

「口臭科学から生まれた『NONIO』」に対し、

「森林化学から生まれた『AROMA』」がランクイン!

 

(アロマオイルの蒸留 一般社団法人ウッディーラー豊田・ 愛知県豊田市)

 

今年は全国各地でアロマオイル事業が拡散しました。試しに、「国産 アロマ」でウェブ検索をすると様々な商品がヒットします。用材としては使われない枝葉から採取可能なため、有効なカスケード利用として今注目の商材です。「森ではたらく!」で紹介されている北海道モミのフプの森さんや岐阜高山のオークビレッジのyuica(ゆいか)等がブランドとして有名でありますが、現在、全国各地で広がっており、弊社では、地域の森アロマを40以上調べ上げマーケット分析をしておりますが、商品(樹種、精油方法、ネーミング、パッケージデザイン、価格、販路、ライフスタイル提案)の現状を見ると、非常に面白い傾向が見えてきていますよ。まだまだ伸びそうな市場、皆さんの身近にも地域材を利用したアロマオイルを販売している企業や店舗があるのではないでしょうか。

 

 

さて、第9位、第三のビール(本麒麟)に対して、こちらがランクイン!

 

第9位 おだやかな革命

(引用:おだやかな革命 WEBサイト<http://odayaka-kakumei.com/>)

 

第8位、「第3」のビールらしからぬ飲みごたえの本麒麟に対しては、「第3」を絡めて、おだやかな革命がランクイン!エネルギーでいえば、人類は、火を使ったときが第一次エネルギー革命、第二次が蒸気と石炭エネルギー。そして、石油や電気を組み合わせて利用するようになったことを「第三次エネルギー革命」と言うようですが、まさに我らの環境(林業)業界では、第三次はもはや古い。いまや、石油などに依存せず水力や、木質バイオマス燃料といった再生可能エネルギーを活用が広がりつつある昨今、2018年は、その市民電力を追ったドキュメンタリー映画が公開されました。大型補助金バイオマス発電(批判)の話題もありますが、やはり、足元の自然、足元のエネルギーを見直すきっかけ。公開から10か月経った12月現在も各地で自主上映ですので、まだ見ていないという方は是非ご覧いただき、自身の身の回りのエネルギー利用について振り返るきっかけとしてください。https://www.youtube.com/watch?v=On8rj2q7hOM (予告編youtubeより)

 

次は、第8位、ケーブルバイトに対して・・・。

 

 

 

第8位 高野山ケーブルカー

(引用:朝日新聞DIGITAL  2018年11月25日記事<https://www.asahi.com/articles/photo/AS20181125001762.html>より

 

ケーブルバイトに対しては、「ケーブル」繋がりで「高野山ケーブルカー」を推薦。安易な言葉の繋がりだけ?いやいやそれだけではありません。1200年の歴史を持つ高野山真言宗の総本山を支えるのは、歴史ある山々でもあり一昨年の高野山 壇上伽藍・「中門(ちゅうもん)」再建には同じく高野山内から出材した300年生以上のヒノキが使われています。

その高野山へと誘う重要な交通手段としてあるのが、高野山ケーブルカーであり、今年は1964年から54年間使用された車両が引退を迎え、2019年からは新車両に置き換えられることになりました。引退を惜しむ声もあり、南海鉄道の沿線では、「3代目高野山ケーブルカーありがとうキャンペーン」も開催されるほどでした。

ちなみに新型車はこちら!かなり刷新されてますね!2019年3月からデビューだそう。

https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180606_2.pdf

(南海電鉄WEBページより)

 

第7位 ShopBot

(引用VUILD株式会社Facebookページ<https://www.facebook.com/VUILD.co.jp/?tn-str=k*F>より)

 

AIがテーマとなった「aibo」に対しては、ShopBot(株式会社VUILD)がランクイン。2018年ウッドデザイン賞(林野庁長官賞)も受賞。木材加工にもデジタルファブリケーションの波がじわじわとやって来ています。3D加工の機械も身近になり安価になってきています。ShopBotはこれからの木工やモノづくりの、心強い相棒となるか、今後も大注目です。産地側がより直接的に消費者へ商品を届けやすいという時代になってきています。

気軽に、どこからでも、オーダーサイズの棚や家具が発注することが出来るようになる時代も目前です。

 

さて、次は、第6位「君たちはどういきるのか」に対して・・・。

 

 

第6位 「森ではたらく!27人の27の仕事」4年経っても…

(当日のイベントの様子はこちから。 https://note.mu/gakugei_pub/n/n57daf8c0979e )

 

80年の時を超えた“史上最大”のリバイバルヒットとなった漫画「 君たちはどう生きるか」に対しては、弊社代表古川大輔著の「森ではたらく!27人の27の仕事」。韓国語版も出版されロングセラーになっています。今年7月には東京で出版4年が経って、5周年記念イベントを開催しました。100人を超える参加者が東京に集まり、4年経っての変化を感じる機会となりました。これからも、書籍「私たちは、森でどう生きるか」多くの若者のヒントになるバイブルであり続けてほしいと願います。

 

さて、次は第5位、グーグルホーム&アマゾンエコーに対し・・・。

 

 

第5位 W350 & LOOP50

(引用:【左画像】住友林業株式会社WEBサイト<https://sfc.jp/information/news/2018/2018-02-08.html>、【右画像】
日経 xTECH 2018年3月14日掲載記事<https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00091/00009/>より)

 

グーグルホーム&アマゾンエコーに対し、最新技術と○○&○○と解いて、この2つがランクインです。昨今、木造建築物が注目されているいますが、今年(2018年)は、日本を代表する企業から大規模な木材利用の構想が打ち立てられました。住友林業株式会社からは、「街を森にかえる環境木化都市の実現へ」のコンセプトからW350構想が、株式会社大林組からは「森林と共に生きる街」のコンセプトからLOOP50構想が発表されました。
高層建築、大規模建築は鉄骨だけではなく木質とのハイブリットの時代へと変わりつつあります。

 

さて、次は、第4位。ZOZOさん、某芸能人と宇宙旅行の話題ではなく、あくまでZOZOスーツからの想起です。

 

 

 

第4位 林業用アシストスーツ

(引用:日刊工業新聞 12月26日掲載記事<https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00456340>より)

 

ZOZOスーツにより自身の体の採寸をし、体型に合った服を気軽に買えるようになった今年ですが、林業界においては気軽に山作業、重い荷物運びができるようになる「林業用アシストスーツ」でしょう。さらに、こちらAIを搭載した当スーツは、着用者の動きから次の行動を予想しサポート、腰や関節の負担を軽減してくれる優れものです。試験も進み、各地の林業現場で注目を集めています。実際に、弊社のお付き合い先で導入を検討しているところまりますし、AIがついていないのですがアシストスーツでは、実際にデモンストレーションをし、木材の運びやすさを実感したものです。人間では出来ないことはないか、多くの異業種がAIによって要らなくなる職業が増えるとありますが、林業は絶対なくならない必要な人間の技術と、AIが出来る(人間がやらなくていい)技術、その両方が必要となってくるのは確実であり、安全性のテーマが一番の林業、その今後が楽しみです。

 

さて、第3位。ペットボトルコーヒーに対して・・・。

 

第3位 木材ストロー

(引用:アキュラホーム株式会社WEBサイト<https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001559.000005113.html>より)

 

ペットボトルコーヒーの人気が高まる一方、エシカル消費において見ると、脱プラスチックの流れは止まりません。例えば、スターバックスコーヒーでは、ストローを使わず飲める容器を導入したり、紙や再利用可能素材でできたストローへの切り替えが進んでいます。本質的な「持続可能な資源利用」に対して、そもそもツッコミどころがイッパイなエコマーケット市場。そんな中、木材ストローを量産するメーカーも誕生しました。ストローのみならず買い物袋もビニールから紙にするなどの動きもあり、これからますます石油依存の資源から木質資源への転換は加速しそうです。上手くその流れに乗り、本業の私たちも、上手くビジネス(収益)を広げていきたいところです。

 

さて、第2位、ドライブレコーダーです。どこでも、「見られている!」そこに着目しました。

 

第2位 準天頂衛星システム

(森林クラウド羅針盤WEBサイト<http://rashinban-mori.com/article/2017/11/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E5%8D%98%E4%BD%8D%E3%81%AE%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%EF%BC%81%EF%BC%9F/>より)

「東名高速あおり運転事故」の報道後、“走る防犯カメラ”に事故抑止を期待した人が殺到し、第2位にランクインしたドライブレコーダーですが、宇宙の業界からではありますが、数センチメートルの誤差で地形測位が可能となる「準天頂衛星システム」(みちびき)がランクイン。2017年に打ち上げされ、2018年に4機体制になり、高精度測位サービスも順次提供予定。森林GIS・GPSが変わる!?と期待も。これで、地域の林業ビジョンが見えて来るでしょうか。現場に必要な踏査と立ち合い確認は別途必ずあるので、行き過ぎたデータとなるか、利用価値があるのか、これから異業種での利用動向をみながら、常に追っておきたい情報です。

 

さて、第1位です。安室奈美恵さんに対して・・・。

 

 

第1位 泉 英二 氏(愛媛大学 名誉教授、元副学長、元合唱部顧問)

(西日本新聞 2018年11月14日記事<https://www.nishinippon.co.jp/feature/kouunki/article/465431/>より)

 

映えある第1位は、2018年4月、森林経営管理法案の衆議院 農林水産委員会での発言が話題になり、林業・木材業界において大きな影響を与えているこの方、泉  英二 氏です。泉氏は、学生時代(40年以上前から)吉野林業の研究を行い、いったんは業界から引退しかけたものの、また、某奈良県の林家との出会いで、新たなHEROに「森だけの~ため~のヒーロー♪」。本当に林家の事を想い、現場に密着した独自の理論展開は多くのファンを作っており、現在は、全国で引っ張りだことなっています。

 

また、全国で物議を醸している、森林経営管理法案。2018年
「意欲と能力のある林業経営体」。今後の動向にも注目です。

 

(参考)

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000919620180412009.htm

(↑衆議院 第196回国会 農林水産委員会 第9号(平成30年4月12日)

 

最後にまとめ表です!

 

いかがでしたか?

今年の全国のトレンドから、業界のトレンドまでを掴んでいただけたのではないでしょうか。

 

2018年、皆様にとってのヒット商品や、大きなニュースは何だったでしょうか。この機会に振り返り、来年のビジョンを描きながら年を越してみてはいかがでしょうか。

 

(追伸)

なお泉先生。私的なお付き合いも含め、色々とお世話になっている中、無許可でこちらにご紹介させていただいたいこと、お詫び申し上げます。改めて、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

Posted by wpmaster on 木曜日 12月 27, 2018 Under pick up, すべての記事, 経営実践研究会[国産材ビジネススクール](大阪)

 

例年に比べ全国的に暖かな冬となっている12月15日(土)、

新大阪にて今年度4回目の大阪経営実践研究会、また今年最後の研究会(今年度最後となる第5回大阪経営実践研究会は2月25日を計画中)ということで大忘年会を開催しました。

 

すっかりおなじみのレギュラーメンバー、約1年ぶりに参加いただいた方、初参加者と様々な顔ぶれが集まった今回は、2018年の振り返り&2019年の抱負を1つのテーマに、皆様から様々なお話をいただく会になりました。

 

 

今回のメニュー

【1】ちいきの総研より報告

・「私のBefore After~山口県長門市(おもちゃ美術館)を訪れて~」(ちいきの学生インターン生報告)

・「脱補助金!?省エネコンサルの現場より、法人営業を説く」(ちいきの社会人インターン生報告)

 

【2】参加者近況報告

 

【3】プレゼンター発表

・発表①:「森林、木材の普及事業について」

・発表②:「木材店の地域マルシェについて」

・発表③:「ステッキ事業」について

 

【4】マーケティング講座

・「隣接業種への突破マーケティング」

・2018年ヒット商品ランキング

 

【5】参加者発表

・2018円の振り返り&2019年の目標

 

【6】ちいきの総研より情報提供

・今月のマーケティングトピックス

・ちいきのカルチャー

 

 

プレゼンター発表

今回は、3名の参加者からプレゼン発表をしていただきました。

■発表①:「森林、木材の普及事業について」(某一般社団法人 職員より)

京都府からご参加の某社団法人の職員様より、
自社で行う木材普及事業や、林業・製造業従事者への補助事業について中心にお話しいただきました。
また、ご自身が林業界に関わる仕事をしようと決めた6年前、初めての伐採を経験した際のエピソードもお話しいただき
その中で仕事を行う前提として「そもそも、何に『感動』を覚え、この世界で働いているか」という問いが印象的でした。
参加者の皆様にとっては、原点に立ち返り、自身と事業を見直すきっかけとなったのではないでしょうか。

 

■発表②:「地域マルシェについて」(某木材流通店 社員様より)

2013年に始まり今年で6回目、来場者は1日で1000人にものぼる、
滋賀県の某所、地元の多くの方にとって恒例となっているイベント
地域の「マルシェ」について発表いただきました。
本マルシェは、「顔が見えること、産地が見えること、日々が見えること」をコンセプトに地元の飲食店や雑貨屋が集まり、木材店のストックヤード(土場)で行うイベントですが、社員視点で、マルシェを始めるきっかけや6年間継続してきた中で課題となった出来事をお話しいただきました。

経営者ではないからこそ見えてくる社内の団結力や、地域に根付く地元企業としてのあり方に、研究会参加者も社員育成、社長との距離感などの学び(気づき)を共有いたしました。

 

■発表③:「ステッキ事業」について(某機械販売店 社員様より)

関西エリアで、木工機械・機械周辺部品の販売を主力とされている会社様からの発表。
新規事業として、ステッキ事業を展開し、木製のステッキの販売を行っており、
現在はEC専門店として楽天、ヤフー、アマゾンで3店舗を展開されています。

「杖はダサイ?」

従来のステッキの印象を一新した高級感あふれるデザイン性で、ユーザーの方々からの高い評価を受け、新たな市場開拓に挑戦されています。

来年には、初の実店舗をOPENされるということで、EC店舗で培ってきた全国のお客様からのレビューと実店舗ならではのおもてなしを組み合わせた出店構想について発表いただきました。

海外商品の取り扱い、EC販売は参加者の皆様にとっても新鮮な情報であったようで、EC事業の展開を視野に入れている参加者様の間では、夜の懇親会まで活発な意見交換がされました。

 

 

隣接業種への突破マーケティング

経営上第1に重要なこと。それは、得意な分野、長所伸展、一点突破です。

そして、収益さえ上がればいい、利益さえ出ればいいのではなく、突破したその後が大事です。

そのままで良いわけではありません。時代や経済の時流を掴み、自社の強みを活かした隣接業種への全面展開が重要です。

そこで、弊社代表古川より、財務体質を考えた中で、イベントを行う、啓蒙活動を行うことの意義・意味・戦略性について、弊社がよくつかう4つの戦略フレームでの熟考と行動が必要だということと、「林業(地域)のリデザイン7つのポイント」を、まとめとして、お伝えしました。

参加者の皆様にとっては、改めて、商品規格(納期・価格)という基本的な点から、

本研究会に参加されている隣接異業種との接点の重要性などを知っていただけたのではないでしょうか。

また異業種からの学びをどう自分の業界で活かすか。

そもそも、お隣の中国は「業界(エスタブリッシュメント)」という考え(垣根)がないため、新たな事業がドンドンでてきます。いずれ、日本の企業の経営者が殆ど中国人になってしまうかも!?。かたや日本は、なぜか「業界」という、大義名分(守り神)が好きで、理念の呪縛となりすぎて自らの首を絞めることになりかねなく、新たなビジネスが出来ていない。

純粋にマーケットに耳を傾けて、感じる力、動く力がどこにあるか。突飛押しもない異業種の事業をやるのでなく、本業の隣接しているマーケットにこそヒントが多数あります。その流れから、古川より5冊ほど、オススメの書籍を紹介し、実際のクライアントと実務で協業した事例をお伝えし、2018年最後の研究会の締めくくりとさせていただきました。

 

また、時流の掴みと2018年の振り返りを兼ねて、

日経トレンディ発表のヒット商品ランキング、

および弊社の独断と偏見で決めた林業・木材業界ヒット商品ランキングを発表しました。

詳細は、別ブログにまとめているので以下のリンクからご覧ください。

2018年林業・木材業界ヒット商品ランキング!【古川ちいきの総研 選定】

 

2018年、皆様にとってどのような一年でしたしょうか。

2019年には、5月からは新元号となり新しい時代の幕開け、10月には消費増税を控え、激動と変革の1年になるのではないかと予想されます。

これを機に、今年の振り返りと来年の目標を決めてみてはいかがでしょうか。

 

 

参加者の声

【Y様(木材流通)】

初めての参加でしたが、勉強になるお話もたくさんありました。

例えば参加者プレゼンでの、BtoB主力の業者が小売りで海外と繋がりを持っている事例は

学びになり、知識が広がったように思います。

また、講座内の「一歩先を見る」の言葉が印象に残りました。

これからの自身の業務においても、先を見た仕事をしていきたいと思います。

 

【T様(会計事務所)】

今年のヒット商品ランキングに絡めた林業界のランキング発表、素晴らしいですね!

どうやってこんな発想が結びつくのかと感心しました。また、古川さんの人生について、大変勉強になりました。

「自分で消費(体験)する!」その体験を大事にし、紹介いただいた本も読みたいと思います。

 

【T様(製材)】

久しぶりに参加しましたが良い話を聞けました。

参加者プレゼンのマルシェは以前から知っていましたが、進化具合が気になっていました。

自身がカフェをやっていた頃の「地域への情熱と想い」を思い出しました。

来年はもっと参加しますね!

 

【H様(工務店)】

ありがとうございました。いつも、元気や勇気の増幅する研究会です。 懇親会では、地元では相談できない、刺激的な情報交換が出来ました。(^-^) 自らの事業に活かし、進めていきたいです。

 

(さっそくに、研究会後、1週間以内で、参加者のそれぞれが、連絡を取り合ったり、訪問し合ったり、商材を購入しあったり、参加者の行動力も高く、次へ次へと動いています。)

 

 

さいごに

今年度の大阪経営実践研究会は、

残すところ、あと1回(2月)となりました。

次回は、2月23日(土)を予定しております。

 

是非、今回は参加できなかった方、初めて研究会を知った方も、参加をご検討いただけますと幸いです。

研究会内容の詳細は、以下のURL(大阪・経営実践研究会紹介ページ)からご覧ください!

https://chiikino.jp/blog/?page_id=187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 土曜日 12月 15, 2018 Under すべての記事, 未分類, 経営実践研究会[国産材ビジネススクール](大阪)

 

11月23日(金)‐25日(日)の3日間は愛知県豊田市にて、A館T-FACE9F とよた子育て総合支援センター『あいあい』リニューアルに合わせてウッドトイ・カーニバルが開催されました!

3日間で来場者は約6,000人ということで、多くの方にご来場いただき、子供たちは豊田市の木で作った遊具やおもちゃでおもいっきり遊べる3日間となりました。

同イベントでは、地域材利用拡大プロジェクトからご支援をしている「一般社団法人ウッディーラー豊田」が豊田の木から蒸留したオリジナルフレグランスが作れるワークショップを行うということで、25日(日)に、サポートスタッフとして参加しました。

 

 

 

とよた子育て総合支援センター「あいあい」とは?

子育て支援センター「あいあい」は、豊田市が管理する子育てに関する総合支援を行っている施設で、専門スタッフが子供の食事、睡眠、遊びなどのお悩み相談の対応、お母さま方のコミュニティづくりのためのサークルや育児に関する講座開催や情報誌発行などまで行っています。

駅に隣接する百貨店内に設置されているため、公共交通機関や自家用車でのアクセスも良くリニューアル前から多くの方に愛用されている施設でした。

今回のイベントは、2か月間同施設を閉鎖し、前面木質化などを行いフルリニューアルしたということもあり、

豊田市内および豊田市周辺市町村のお子様がいらっしゃるご家族が大注目するイベントとなったようです。

 

 

「森づくり」のまち、豊田の山から癒しをお届け

 

3日間のイベントの内、25日(日)に一般社団法人ウッディーラー豊田では、オリジナルフレグランスづくりのワークショップを行いました。

今回は、クロモジ、スギ、ヒノキのアロマウォーターを来場者にお好みでブレンドしていただき、専用ボトルに詰め込んでお持ち帰りいただきました。

 

会場では、実際に蒸留器を使ってクロモジのアロマウォーターと精油を抽出していました。

科学の実験のような雰囲気に、子供たちも興味津々、親御さんも初めて見る方がほとんどで、

普段アロマオイルを使用している方にも抽出前の材料から知っていただく貴重な機会となりました。

 

普段の生活からは、林業や森づくりと聞くとイメージできない遠い存在と思う方も少なくはないと思いますが、フレグランス、香りを通して身近な存在に感じていただくことが出来たのではないでしょうか。

日々の生活を癒す香りは、実は家から近い場所から採れる材料から出来るということを知っていただければ、

森林、木材への愛着も深まることでしょう。

 

しかしながら、一般社団法人ウッディーラー豊田では、アロマオイル事業がメインというわけではございません。

既に最近の豊田市街地を歩いたことがある方は、ご存知の方もいるかもしれませんが、豊田市産材の木を使った家具や、建築物のデザインやコーディネートを行っています。

歩道に設置されたプランターやベンチ、バス待合室など様々な所に「クラフトウッド」、「メーカーウッド」のロゴマークが見ることが出来ます。

弊社ブログでも、去年のクリスマスシーズンにご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

愛知県豊田市のイルミネーションに注目!

 

豊田市は、クルマや工場、スタジアム、先進技術やエコなど言わずと知れた、世界に誇れる「ものづくり」のまちでありながら、林業が息づく「森づくり」のまちでもあります。

これからもどんどん増える、街中での市産材を使ったオブジェクトや建築、一般社団法人ウッディーラー豊田の活動に是非注目下さい。

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 月曜日 11月 26, 2018 Under pick up, すべての記事

 

西日本では、紅葉が見ごろを迎え、立冬も過ぎ朝夕の冷え込みが厳しくなってきた11月18日(日)、大台町林業総合センター研修室にて、みえ森林・林業アカデミー第1回公開講座が開催されました。

(みえ森林・林業アカデミーFacebookページ:https://www.facebook.com/miemorimanabi/photos/a.260213024750158/344476132990513/?type=3&theater

みえ森林・林業アカデミー(三重県林業大学校)の来年4月からの開校を記念して、新たに始まる講座の一部を体験していただく機会として、誰でも参加可能の公開講座ということで、記念すべく第一回に、講師、全体コーディネーターとして弊社代表古川が登壇しました。また、他にも、宮川森林組合 林業振興課 中須真史 様、トヨタ自動車(株)社会貢献推進部社会貢献プログラム室  國友淳子 様、ノースジャパン素材流通協同組合 営業企画部 次長 八柳芳昭 様が講師として集まり、各講師の講演と参加者の質疑応答を交えたクロストークを行いました。なお、森林組合職員、素材生産業者、行政、その他含め約30名の方のご参加がありました。

今回のテーマは、「森林資源の新たな活用」。多様化する世の中の需要や、改めて見出される隠れた需要への対応がビジネスチャンスへとつながる中で、これまでとは違った新たな視点による森林資源の活用について考えました。

 

 

林業、地域、企業、自分を変える

林業の定義(領域)は、自分たちで決めよう。「日本の林業どうあるべきか」ではなく、「自分たちがどうありたいか」が重要であるというお話をさせていただきました。

「林業を変える」「地域を変える」というビジョンはもちろんありつつ、実際は、自分が作りたいもの、サービスを届けたい人に送るという「経営力」が重要であります。

そこで、一人、一企業だけで行うだけではなく、地域で関わり合う全員でチームとして動く必要が出てきます。自分の分野は、素材業だから、流通だから、加工メーカーだからと視野を狭めるのではなく、最終顧客に商品を届けるチームとしてブランドを確立していくことも1つの方法です。

また、ブランド=ビジュアル(見た目)ではないというお話もさせて頂き、林業のブランドを作るというのは、その土地、地域ごとの気候風土や樹種・品種、施業方法、時間軸(歴史)に基づいて、立地(商圏)・規模(物流)を考えて作り上げていくべきものであり、他地域の実際の経験してきた事例も一部紹介させていただきました。

 

収益機会のBefore⇒Future

素材生産業者の方は、丸太を原木市場に出すのかは仕事かもしれません。しかし、もっと森を楽しむ仕事はあるのではないでしょうか。

かつて(before)は、山には桜や紅葉、名所の借景などの文化・景観的要素、ハイキングやキャンプといった自然環境を活かしたアクティビティがありました。ただ、木材といっても、原木から構造用材になる以外に、今後(after)は、内装材、家具・小物(ノベルティ)、シロップや精油など様々な商品、森林空間の体験では、森林セラピーや森林浴などへとマーケット(顧客層)の展開、拡大すべくニーズが高くなっています。

全国では新しい森林の収益モデルが数多く生まれ始めています。森林には、林業におけるA材品質を高めることが重要(前提)としても、単に丸太を生産するだけではない、「自分の好き」から利益を生み出す可能性が秘められているのです。トヨタ自動車様(フォレストチャレンジ)、ノースジャパン素材流通協同組合様(薪ビジネス)、宮川森林組合様(アロマ、燻製チーズ)の新しい事例を踏まえ、

 

1)ニーズを聞いて、自らマーケットを作り、変革し動くこと

2)世間のニュース、流行、時流を捉えて、アンテナを張ること

 

をポイントとして、お伝えさせていただきました。なおクロストークでは、担い手の課題がでましたが、林業が、いつごろの原木単価に戻れば、補助金なく経営が出来るのかというのをまず計算し経営努力を日々行いつつ、そのうえで、林業だけで稼ぐというのでなく、自分自身が森ではたらく!楽しさを、色々な趣味をしていくことが大事ということも話題が広がりました。

講演後に、改めて、弊社としてまとめますと、

 

●野性(情理)をもって森と共に「多趣味」で仕事をする

●知性(合理)でもって経営を強く「多収益」を得る

 

そのための林業のプロたちだけではない、新たなマーケットは結果うまれてくるもので、まずは森に対して「交流人口」「参加人口」を増やそう!と、著書「森ではたらく!27人の27の仕事」を紹介しつつ、現在、全国で増加している林業大学校の中で、来年度の「みえ森林・林業アカデミー」の講座に期待すべくことをお伝えさせていただきました。

参加者の声

【県職員:Y様】

マーケティングの中身について、本講義の方で是非伺いたいと思いました。特に、マーケティング1.0~3.0を事業体にどう理解、実践してもらうかについて、掘り下げてみたいところです。また、県としても「定時、定量、定質」をキーワードに事業展開しようとする中で、QCDを林業でどのように実践していくかについても大変興味があります。

 

【市職員:U様】

トータル林業について、吉野林業などの全国の事例も参考になりました。市としては、尾鷲ヒノキの販路拡大をしたいが、構造材は頭打ちであるため、差別化された内装材に目を向けるべきか、木工製品なども含めて、具体的な事業に対する詳細をもっと知りたくなりました。

 

【公益社団法人職員:S様】

林業の顧客は誰なのか、今まで思っていた以上に様々な人が森を愉しむことが出来ても良いのではないかという視点が自分が関わる事業の参考になりました。あらゆる世代や地域を対象に、森や林業に親しみを持ってもらえる活動(森林環境教育や木育)を推進していきたいと思います。

 

 

さいごに

林業×地域×マーケティング×リクルートに係るご相談・講演依頼等は、お問合せフォームからお受けしています。ご希望の時期や内容について、お問合せフォームからご連絡いただければ幸いです。

過去の講演実績は以下のURLからご覧いただけますので、併せてご参考ください。

https://chiikino.jp/blog/?page_id=193

 

 

 

 

 

 

Posted by wpmaster on 月曜日 11月 19, 2018 Under pick up, すべての記事, 講演&研修 報告

 

 

猛暑、地震、台風、厳しい自然災害に見舞われた夏を乗り越え、

すっかり涼しい秋となった10月27日(土)、

新大阪にて今年度に入り第3回の大阪経営実践研究会を開催しました。

今回は初参加者の方が2名、他にもお久しぶりにご参加いただいた方も数名と、さらに2名の講師にご登壇いただき、密な研究会となりました。「継業」「副業」「地域一番」「官民一体の裏話」「産業ではなく生活ビジネスで1億以上」「住民のためという偽りない想い」等がキーワードでした。

 

今回のメニュー

【1】各社近況報告

【2】初参加者ご紹介

【3】ちいきの総研より情報提供

・ドイツの森林ビジネスの今(ちいきのインターン生のドイツ3週間奮闘記)

・今月のマーケティング報告

【4】特別ゲスト講演

・講演①:『一周廻って、地域一番(地域信頼)とは何か。官民一体の本質。』

・講演②:『生きる・死ぬ、までのトータルサポート事業とは!?』

【7】ちいきの総研より情報提供

・今月のマーケティングトピックス

【8】まとめ

 

 

ゲスト講座

弊社の研究会や、イベント、講演では度々テーマに挙げている

「理念と利益」

皆様は自社のどこに理念を設定し、どこで利益を採るか。その利益はどの理念に使うか。

これらを、明文化、組織に浸透化し、しっかり説明することが出来るでしょうか。

理念の体現と利益の実現は、どのようにPDCAが出来ているでしょうか。

弊社では、「理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言」を信条に、

地域経営・企業経営を持続可能にしていく戦略支援を展開していますが。

今回は、代表古川と近しくさせていただいているお2人のゲストに講演いただきました。

 

まず、1名からは、官民一体、住民参加型の生活インフラ事業における「福祉」「地域信頼」の視点から理念と利益のお話です。行政から出向している事業長は、まずこうお話されました。

 

「地方創生っていうのは、自治体が消滅することではない。

あのおっちゃんのお店がなくなる、あのおばぁちゃんの料理がなくなる、

小さなコミュニティがなくなる、笑顔がなくなる、そういうところなんです。」

 

と地方自治体(行政)から出向し、新組織で務める事務局長。

 

1)赤字事業であっても地域住民にとって、無くてはならないインフラや施設を守る。(行政視点)~名もなき村から、大手商社への営業~

2)赤字事業を補填出来る、営利事業を確立する(民間視点)~1000人の村で1億円/年をつくるライフビジネス。~

3)複数視点を掛け合わせた事業を展開する(例:移動販売事業に訪問医療を合わせる)

そして、ビジョンとしては、直近の収益だけでなく、10年後、20年後、地域住民が幸せになる事業を生み出す。

行政的視点で理念に偏るのではなく、とはいえ民間的視点で利益だけにこだわるのではなく、自社以外の地場産業を考慮した理念と利益の戦略バランスが取れた、事業紹介をしていただきました。なお、本日ゲストでお越しいただいた自治体職員の、営業苦労、組織立ち上げの苦闘なども、あり、ディスカションがより深まってゆきました。

また、もう1名のゲスト講師は、中小企業こそが日本を作るという信念ある経営コンサルタントから。

1)大手企業との差、売りっぱなしビジネスの終焉、顧客トータルサポート事業とは何か。

2)社長の右腕「幹部」の育成について大切なこと

3)SNSを利用した「広報・販促」の方法

といった3つのテーマに置いて、多岐にわたるアドバイスをしていただきました。

特に幹部育成については、「まず、社内で経営者が一番勉強しているか。」「自分でやっている以上のことを部下はやらない。」との言葉がとても印象的であり、

SNSでの情報発信についてもそもそも向いている商品、向いていない商品があること、効果を発揮するには継続が重要であり、悪い方向にレビューされないマネジメントが重要であることなど、鋭い視点からアドバイスをいただきました。

今回ご参加いただいた方は、特にニッチな顧客をターゲットとした時、1つの地域での事業展開をしていく時に必要な経営のヒントをお伺いしました。

古川ちいきの総研としては、これら本質を捉え、時流に適応することとして「まとめ」をいたしました。

 

・理念と利益の設計(身近な人を良く見て、一生のお付き合いを)

・4つの戦略事業の構築(主力、補助、刺激、開発を利益から理念へと戦略的に)

・多業収入の構築

・隣接異業種へのビジネス創造(パラレルキャリアの時代へ)

・山林所有者はBS、半官半民がPL、消費者住民がCF (地域3者の連携と参画する財務視点)

 

 

参加者の声

【公務員S様】

自社の利益、顧客の満足、どちらが先かということを再度自分事化して考えてみる必要があると思いました。「継業」というキーワードがありましたが、今年度から退職した先輩の業務を引き継いだ自身もある意味「継業」したのだと考え直してみると、今の仕事の意義が違ったものに見えてきました。

 

【工務店O様】

林業関係の経営者の方が中心の勉強会だと思っていましたが、異業種の方も多く集まり、皆様々な視点からのコメントがあり、大変勉強になりました。ゲスト講演では事業の目的設定、地域コミュニケーションの考え方が大変参考になりました。

 

【機械問屋T様】

頭の中でふわふわ考えていたことが具体的な言葉となりました。自分1人で考えるよりも様々な立場、業種の人と話せることが研究会のメリットだと感じます。今後は、もっとテーマを絞った部会のようなものがあると良いと思います。

 

【デジタルサービスI様】

久しぶりに参加できて、新しい出会いがあり、刺激的な機会になりました。出口様の講演の『生きるから死ぬまでのトータルサポート事業は、「消費者への責任と恩返し」』、この言葉が一番印象に残りました。

 

【山林所有T様】

色々な話が聞けてよかった、2万円の価値はありました。ありがとうございました。古典を読むべし、との内容があったが賛成。今度はもっと深い内容を聞きたいと思いました。

 

【木材加工K様】

「会社を存続させる」という使命感を、より、強く感じさせていただいた。次回は夜の部も参加します。

 

 

さいごに

また、今年度は残り2回(12月、2月)の研究会を新大阪で開催予定です。

12月は、12月15日(土)を予定しております。

是非、今回は参加できなかった方、初めて研究会を知った方も、参加をご検討いただけますと幸いです。

研究会内容の詳細は、以下のURL(大阪・経営実践研究会紹介ページ)からご覧ください!

https://chiikino.jp/blog/?page_id=187

 

今後は本研究会のネットワークを活かした、新たな取組みも企画していく予定です。

リリースを、お楽しみにお待ちください。

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 11月 2, 2018 Under pick up, すべての記事, 経営実践研究会[国産材ビジネススクール](大阪)