地域と森林・林業・木材業のトータルデザイン&実践型ビジネスパートナー

古川ちいきの総合研究所

 

2017年3月3日(金)は佐賀市にて、
代表の古川が講師を務めさせていただきました。

 

講演のテーマは、
「豊かな森林資源を活かした森ではたらく!これからの地方創生」と題し、
山林所有者、林業、製材業、NPO団体、行政関係等、
約30名の方々にお集まりいただきました。

 

講演の会場は、佐賀市富士町古湯にある富士公民館(フォレスタふじ)。
佐賀の地域産材を使った木組みの天井と木格子が美しく、開放感に溢れる空間でした。

 

 

 

今回も講演では、林業×マーケティングの必要性について、
弊社がプロジェクト支援させていただいている地域での実践事例を交えて紹介し、参加者の方からは、このような感想をいただきました。

 

=============================================

■Aさん

マーケティングについては兼ねてより興味があり、書籍などで勉強してきましたが、世間に情報が溢れすぎていて、本質が掴めずにいました。今回の話を聞いてポイントを知ることができ、必要性、欲求性、物語性といった消費の三要素の捉え方、伝え方、バランスの取り方ひとつで、ただの風景や農産物、人に対し価値が生まれ、地域の営みを循環させられるのだと気づきました。やはり、改めてマーケティングは必要ですね。

 

 

■Bさん
違う価値観をもつ人へ、森から”非日常”を与える。非日常や価値観の差異がビジネスになる。日常と非日常のバランスを考える、といったメッセージが非常に参考になりました。

 

 

■Cさん
1つの価値感だけではなく、2つを組み合わせる。
コンセプト=”こうしたい”と思うこと、これを何年も継続ことが大切と思いました。今回、講演のテーマは林業でしたが、私は現在、公共施設関連の仕事に関わっており、施設を使った企画をどう立てていくのか、自分自身の仕事へのヒントをもらったような気がします。ありがとうございました。

 

=============================================

 

質疑応答の時間では、佐賀市内で農業を営む男性から、
「私は都市出身で、エコロジー思考に動かされて佐賀市へ移住して、農業をやっています。しかし、コンセプトはあっても売り方が分からない。都会の人がどのようなことを求めているのか?それを探りたいです。」

 

といった質問を受け、古川からは、

 

①百貨店、繁華街に足を運び、常に「市場のニーズ」を知ること。

②都会と自分の地域での「交流人口」を創出すること。

 

と、2つのポイントをお伝えしました。

 

移住当初はソトモノ目線で新鮮に映った地域での暮らしも、
時が経つ中で、自分にとっての日常へ変化します。

そのような中で、例えば定期的に、
移住や農業に興味あるソトモノ対象の体験型ツアーを企画すること、

 

このように、非日常感覚で地域を見る人との接点を持つことで、
かつて自分自身がソトモノだった頃の視点を振り返って、
どのような非日常に対し価値を認めてもらえるのか、知ることができます。

 

さらに、新たな交流接点を作ることで、
その地域のファンができ、農産物を買ってくれる顧客にも繋がります。

 

これは農業に限らず、林業でも、地域でのシゴト全般に言えるポイントですね。

今回の講演の内容をヒントに活用いただければ幸いです。

 

=============================================

 

なお、この度の講演は、佐賀市の地域おこし協力隊のKさんからの依頼で企画された内容でした。
参加いただいた皆様に感謝すると共に、このような機会を設けて下さったKさんに、重ねて御礼申し上げます。

 

 

最後に、会場の入り口付近に面白い展示物を見つけました。こちらは、5290年前の土埋木から作られた榧(カヤ)の将棋盤。
1997年3月、富士町上無津呂の林道工事現場から出土して、炭素年代測定の結果、
縄文時代前期に埋没した樹木であることが明らかになったそうです。

 

 

 

出土した時、とても状態がよかったことから、
製材してみると、見事に木目が表れたのだと教えていただきました。

 

木材では、表面的に見ると朽ちているような状態であっても、
製材加工によって驚くほど美しい木目が表れ、再び命を吹き返す素材のチカラは計り知れません。

 

このように、素材から最終商品ができるまで、長い歴史と目くるめく変化がありますが、
林業木材業の魅力であり面白さであると、
今回の講演を通じて、それぞれのシゴトについて考える機会としていただければ幸いです。

 

Posted by wpmaster on 金曜日 3月 3, 2017 Under pick up, すべての記事, 講演&研修 報告, 講演・研修、コーディネーター

ちいきのgraffiti

 

2月下旬の信州松本。
まだ肌寒い日々が続きますが、青い空の下、
山々の雪化粧は、少しずつ薄らいできた様子です。

雪が解けた田畑では、芽吹いた草花の緑色が映えます。

もう少しすると、フキノトウが顔をみせる頃でしょうか?
芽吹きの季節が待ち遠しい如月です。

Posted by wpmaster on 金曜日 2月 24, 2017 Under pick up, すべての記事, ちいきのgraffiti~写真集~

 

このたび、弊社が事務局を務めるClubプレミアム国産材では

「木のある暮らし展~旅する日本の森と産地~」を開催します。

 

 

「その生き方が、プレミアム。」

9つの特別な木材産地が勢ぞろい。

ただの材木屋ではない彼らが、森とつながる豊かな暮らしとは何かを語りかけます。

9つの部屋をめぐれば、あなたの探していたプレミアムな暮らしにきっと出会える一日です。

 

■こんな方にピッタリ

~工務店・設計・インテリア関係者のみなさまへ~
~森とつながる地域づくりに関心のある方へ~
~「木」で新たなビジネスを創造したい方へ~

 


 

■開催日時:2017年3月29日(水)10:00~17:00

 

■会場:大阪市中央区高麗橋3-1-8カルボ高麗橋ビル1F 高麗橋BLACKBOX(淀屋橋駅から徒歩5分)

(会場詳細はこちらから:http://blackbox.osaka/rental-space-access.html

 

■参加無料・申込不要

 

■プログラム
①産地からの空間提案展示(常時展示)
建材のみならず、家具、インテリアも含めた「暮らし」の提案。
他にもユニークな仕掛けを携えて、9つの産地がやってきます。

 

②特別無料セミナー
「プレミアム国産材で工務店経営をプレミアム化するセミナー

プレミアム国産材をどのように活用すれば工務店のブランディングにつなげられるか、ポイントを伝授します。

午前の部:11:30-12:00
午後の部:16:30-17:00

講師:(株)古川ちいきの総合研究所 古川大輔

 

③トークショー「国産材LIVE!」(毎時開催)
プレミアム産地がいま、何を考え、企んでいるのか?
産地の声を軽快なトークでお届けします。

live

 

※カフェ・商談コーナーあり

※林業にちなんだ出張バー「林業BAR」のカフェメニューをお楽しみください。

 

 

■交流会
17:00~19:00(軽食付き・参加費2,000円
※当日受付でお申込、参加費は現金でお支払いください。

 

■主催:Clubプレミアム国産材
(事務局(株)古川ちいきの総合研究所)

 

■出展産地

[Clubプレミアム国産材]【J1】
・㈱西粟倉・森の学校【岡山西粟倉】
・影山木材㈱【富士山麓】
・㈱山共【岐阜東白川】
・竹下木材㈲【石見出雲】
・ばうむ合同会社【土佐嶺北】
・一般社団法人吉野かわかみ社中【吉野川上】
・高野山寺領森林組合【高野山】
・ソマミチ【信州松本】
・飛騨五木㈱ 【飛騨高山】

 

【J2】
・木原木材店【兵庫播州】
・岩泉の明日の林業をつくる会【岩手岩泉】
・㈲平田木材店【福井高浜】

 

 

★Facebookイベントページも要チェック

https://www.facebook.com/events/309979639398755/

 

↓↓FAX申込み用紙付きチラシのダウンロードはこちら

 

=== === === === === === === === === === ===

過去の開催イベントに関するブログはこちらから

・第4回産地共催交流セミナー(2015年):http://club-premium-wood.jp/?p=837

・Japan Home & Building Show 2013(2013年):http://club-premium-wood.jp/?p=671

=== === === === === === === === === === ===

会場map

 

会場イメージ

Posted by wpmaster on 火曜日 2月 21, 2017 Under pick up, — セミナー、研修、講演のお知らせ, お知らせ, すべての記事, 経営実践研究会[国産材ビジネススクール](大阪)

 

今年度最後となる、2月度経営実践研究会を開催しました。

今回は3月29日(水)に「Clubプレミアム国産材」で開催する

「木のある暮らし展2017~旅する日本の森と産地~」に向けた企画会議を中心とし、

大阪に島根、岐阜と遠方からもプレミアム産地が集結しました。

 

~今月のMENU~

【1】各社報告

【2】話題提供

・Clubプレミアム国産材メンバーWEBページリニューアルのお知らせ

 

【3】ゲスト講座:WEB作成におけるセキュリティ対策について

【4】Clubプレミアム国産材 企画会議「木のある暮らし展2017~旅する日本の森と産地~」について

 


 

【1】各社報告

今回も各社より、最近の事業状況や今後のビジョンについて、興味深いご報告をいただきました。

初めて情報誌を発行した製材メーカーからは、その反響と今後の展開について。

また製材機部品の交換に際してメーカーから受けたアフターフォローに学ぶ、法人営業とは何か。

木材加工業が新規参入できる、起業のCSR・広告宣伝マーケットの大きな可能性など、

 

各社とも、「品質、価格、納期(QCD)×使い方提案×儲け方提案」という

法人営業と差別化の基本を再確認しながら、

それぞれの企業の「強み」を活かした着実な事業展開がうかがえる報告となりました。

 


 

 

【2】話題提供

弊社から話題提供として、近日公開予定の

当研究会メンバーであり、Clubプレミアム国産材のメンバーでもある製材メーカーのWEBリニューアル

に関する報告をいたしました。

 

リニューアルするWEBでは、今回新たに、

経営者の想いや製品の背景にあるストーリーを伝える「動画」を盛り込みました。

 

「これを見たら、このメーカーからしか買いたくなくなる!」

ほどのメッセージ性の強いものとなり、今後のWEBコンテンツとしての動画の可能性を感じるとともに、

丁寧に企業の強みや想いを表現していくことの重要性を再認識しました。

 

リニューアル作業は進行中。本公開をお楽しみに!

 

 


 

 

【3】ゲスト講座:WEB作成におけるセキュリティ対策について

ゲスト講座では、大阪市内の某WEB会社にお越しいただきました。

 

WEBのセキュリティについて、皆さんはどのようにお考えでしょうか?

 

いまやマーケティングに欠かせないツールとなり、全世界に70兆個も存在するというWEBサイトですが、

近年、googleによるセキュリティを重視する方針転換や、

特定CMSにおける脆弱性などが問題になっています。

 

 

ゲストからは、

・昨今のWEBをめぐるセキュリティの必要性

・セキュリティまでを意識した、CMSやサーバの選び方

・セキュリティにおける責任の所在はどこにあるか?

 

について、実際のハッキング被害事例もまじえて、

今後は経営に欠かせないネットセキュリティの視点を伝授していただきました。

 

WEBにおいては、どうしても売上へ直結する効果や更新性を優先的に考えてしまいがちですが、

積み上げてきた情報という無形資産が一瞬にして失われるリスクや、

顧客に対しても情報を守る企業の責任について、

コストとメリットも含めて今一度考えなおす機会を頂きました。

 

自社も顧客も守るためにも、今後、ネットセキュリティは優先度の高い課題の1つです。

 


 

【4】Clubプレミアム国産材 企画会議「木のある暮らし展2017~旅する日本の森と産地~」について

今回の研究会のメイン、3月29日(水)に大阪で開催する、

「木のある暮らし展2017~旅する日本の森と産地~」の企画会議です。

 

本研究会メンバーを中心とし、国産材に新たな価値を与え、新たなマーケットを作り出す9社の共通ブランドとして活動している

Clubプレミアム国産材」http://club-premium-wood.jp/

 

これまでも、建築関係者向けプレゼンテーション「産地共催交流セミナー」や

ジャパンホームショーの出展など活動してきましたが、

今年は大阪で、森とつながる豊かな暮らしとは何かを語りかける展示会を行います。

9つの産地を中心に常時展示、トークショーを行い、林業バーなどのお楽しみ企画も用意しています。

 

今回の会議では、ブースイメージの共有、プレゼン企画などを具体的に議論するとともに、

「プレミアムとは何か?」を新たに詰めて議論しました。

 

その定義は、時流やメンバーの成長と共に変遷してきました。

 

過去の企画を振り返ると、

 

1)第1回、木や国産材のある暮らしのよさ、QCDの重要性を訴えるというところから始まり、

2)第2回では、産地の顔が見えることの重要性や物語を伝え、

3)第3回、第4回では、森林・林業の多様性をワインになぞらえ伝えながら、QCDのみならずユニークな商品、空間提案を目指しました。

 

そして今回は、「木材」にとどまることなく、

暮らしや地域をつくっていくビジョンも強く打ち出していく!

9の産地の経営者の、生き方をも表現していこう、というところまでやってきました。

 

~工務店・設計・インテリア関係者のみなさま~
~森とつながる地域づくりに関心のある方~
~「木」で新たなビジネスを創造したい方~

 

当日は、参加無料・出入り自由で、どなたでもご参加いただけます。

 

★Facebookでのイベントページを先行して公開いたしました。

https://www.facebook.com/events/309979639398755/

 

 

3月29日、あなたの探していたプレミアムな暮らしにきっと出会える一日です。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

 

 

Posted by wpmaster on 金曜日 2月 17, 2017 Under pick up, すべての記事, 経営実践研究会[国産材ビジネススクール](大阪), 講演&研修 報告

ちいきのgraffiti

 

吉野杉も一面に雪を纏う、奈良県川上村の冬。

 

吉野林業の父と呼ばれる土倉翁の磨崖碑が、

一層白く映える季節でもありました。

 

厳しい寒さながらも、手前に見える桜の木々は、

着々と春を迎える準備をしていることでしょう。

 

もう2~3カ月たてば、杉檜の緑の中に、華やかな桜の花が加わります。

Posted by wpmaster on 月曜日 1月 30, 2017 Under pick up, すべての記事, ちいきのgraffiti~写真集~

ちいきのgraffiti

 

若狭和田海水浴場が、アジア初となるビーチの国際環境認証「ブルーフラッグ」を取得した、

海のまち福井県大飯郡高浜町。

新年から、役場の木造新庁舎が開庁となりました。

 

「浜町コンパクトシティ・高浜エコ里の思想」に基づき、素材には、

地元製材メーカーが製材した、福井県産材がふんだんに使用されています。

 

この地の木材産業は、かつて豊漁となったサバのトロ箱製造から栄えたといいます。

木を活かす文化に、新たな1ページが加わりました。

Posted by wpmaster on 月曜日 1月 30, 2017 Under pick up, すべての記事, ちいきのgraffiti~写真集~, 未分類


名古屋にて、これまで非公開で重ねてきた林業経営者によるディスカッション型の研究会。
今後は広く参加者を募集し、開催することとなりました。

 

本日は、

 

●人材採用と育成

●所有と管理の在り方

●林業会社の商圏設定とミッション

 

をテーマに議論いたしました。

 

特に人材採用については、どの事業体も

今後はWEB等による理念反響型の情報発信と、

学校機関の研修やインターン等を通しての採用にシフトしていく模様です。

 

「林業をやりたい」

ではなく

「この会社ではたらきたい」

 

と言われるような魅力的な企業になるためには?

その差別化戦略についても議論しました。

 

 

一口に林業会社といっても、スタイルは様々。

参加しているメンバーは、型に捉われ過ぎないフリースタイル林業を実践しています。

 

・Iターン者による林業サービス業ベンチャー

・製材と林業を持つホールディングス会社
・90年を超える美林を持つ15代続く林業家
・林業から木工まで行う森林組合発ベンチャー
・広葉樹施業と販路開拓に挑戦する林業会社
・都市型林業を実践するアーバンフォレスター
・森林信託から施業、製材で地域材住宅を手掛ける工務店
・独自の伐採手法を開発した現場のプロフェッショナル
・若者が多く集まる老舗の製材林業会社
・役場と連携し百年の森づくりをめざす森林組合

 

日本一面白い林業経営者が集まる研究会です!

 

同じようでそれぞれに異なる立ち位置、
また東海や関西などエリアによる事情も異なる中で
みずからを客観視しながらディスカッションができるのが特徴です。

 

「この研究会に来るとニュートラルになれる」

というお声もありました。

 

次回の開催が決定し次第、参加者募集のご案内いたします。

ご期待ください。

Posted by wpmaster on 土曜日 1月 28, 2017 Under pick up, — 産地ブランド・選ばれる林業会社, 【名古屋】林業経営実践研究会, すべての記事, セミナー報告, 講演&研修 報告

 

平成29年1月30日(月)に

高知県立林業学校短期課程の講座の1コマを担当させていただくことになりました。

 

高知県立林業学校短期課程では、林業機械の運転技能研修や免許資格取得講習、

さらに木材流通や地域おこしまで多岐にわたる講習を実施しています。

 

===詳細===

【日時】

平成29年1月30日(月) 午後13時~16時予定

 

【場所】

高知城ホール(高知県高知市丸ノ内二丁目1番10号)

 

【参加費】

無料

 

【定員】

50名

 

【内容】

テーマ:「林業のリ・デザイン~全国の6次産業化事例と各種マーケティング手法から学ぶ~」

講師:古川 大輔((株)古川ちいきの総合研究所代表取締役)

 

=== === ===

↓取組・イベント詳細は、下のチラシをご覧ください。↓

チラシPDFのダウンロードはこちらから

https://chiikino.jp/data/kochi-chiikisozo.pdf

 

イベント情報、申込みはこちらから

 

【高知県林業労働力確保支援センターHP】

http://www.shien-center39.com/document/?group=grp010

 

 

受付締め切りはH29年1月16日(月)。

是非、お近くの方はお申込みください。

=== === === === === === === === === === === ===

弊社では、全国各地で、
林業、木材ビジネス、地域づくりをテーマにした講演や研修を実施しております。
イベントやフォーラムの企画・実行、コーディネーターもご用命ください。

Posted by wpmaster on 月曜日 1月 23, 2017 Under pick up, — セミナー、研修、講演のお知らせ, お知らせ, すべての記事, 講演・研修、コーディネーター